全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

高校生アイデア新スイーツ

千両イモを使ったスイーツを考案した国府高校の生徒=国府・三河屋製菓で

 豊川市の県立国府高校(恩田やす恵校長)の生徒が、近隣の国府町流霞にある菓子店「国府・三河屋製菓」(都築享一代表)と協力し、千両(ちぎり)サツマイモを使用したオリジナルスイーツを考案した。7日に市総合体育館でのかわしんビジネス交流会で販売する。  新たなスイーツを考案したのは国府高校商業科3年の10人。豊川信用金庫の紹介で、課題研究の授業で9月中旬から毎週水曜の午後、同店に赴いてスイーツの考案、試作に取り組んできた。  完成したのは、千両サツマイモのスイートポテトの中に餅が入った構造で、白い粉砂糖やきな粉をまぶし、見栄えもおしゃれ。現在、名称を考えている。生徒代表の平岩駿也さんは「インターネットの情報も参考に、どうすれば食べたお客さんが喜んでくれるかを考えた。三河屋製菓さんが調理の準備をしてくれて、お店の大変さも分かった」と振り返った。  生徒らはあす4日に調理して150個を作り、かわしんビジネス交流会2日目の7日午前10時から、専用ブースで出品。自分たちで決めた1個160円の価格で販売する。  同校と三河屋製菓は2008(平成20)年の文化祭を機に、同校のセーラー服をモチーフにした白と黒の「こうふく饅頭」をプロデュース。毎年文化祭で販売するなど、交流を続けている。

関連記事

長野日報社

寒さもうなぎで乗り切る 岡谷市発祥「寒の土用丑の日」近づく 長野県

長野県岡谷市発祥の「寒の土用丑の日」(24日)を控え、市内のうなぎ料理店や川魚店からは、かば焼きの甘い香りが漂っている。長引く新型コロナウイルス感染症の影響で店側には厳しい状況が続くが、関係者は...

荘内日報社

冬ごっつぉ 山海の幸ふんだんに 「温海旬御膳」来月28日まで 8店舗オリジナル..

 冬の日本海で捕れた旬の幸の料理や温泉入浴など、鶴岡市温海地域の魅力を堪能できるキャンペーン「温海旬御膳~冬のごっつぉめぐり~」が14日から始まった。来月28日まで、同地域の旅館や飲食店8店舗でそれぞれ...

荘内日報社

鳥海山のライス型 ジオパーク発信 光陵高生製作 「遊佐カレー」盛り付けに

 鳥海山の山容を立体的に模したご飯に風味豊かなルーを合わせ、遊佐町特産のパプリカなどをトッピングして仕上げる「遊佐カレー」のご飯を、簡単きれいに盛り付けることができる「鳥海山型ライス型」を県立酒田...

荘内日報社

若者の感性でラベルデザイン 清酒「清泉川」のオードヴィ庄内が純米酒2種発売 ..

雪若丸の特長生かし 粒立ち良さ立体的に  清酒「清泉川」のオードヴィ庄内(酒田市浜中、佐藤晴之社長)は今春、県産ブランド米「雪若丸」で醸造した初搾り純米酒「オードヴィヌーボー」2種を一般発売する。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク