全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県富士見町で新規就農の河村さん夫妻 農閑期に焼きいも屋

移動販売の焼きいも屋を始めた河村亮さん、まさ子さん夫婦。住民や観光客との出会いを楽しみにしている=富士見町の道の駅「信州蔦木宿」

 昨年4月に新規就農した長野県富士見町御射山神戸のパセリ農家河村亮さん(49)、まさ子さん(49)夫婦が移動販売の焼きいも屋「やきいもキジ農園」を始め、週末を中心に町内の道の駅「信州蔦木宿」に出店している。夫婦で育て熟成させたしっとり甘い「紅はるか」を使用。大みそかに開店した出来たてほやほやのお店だが、「すごく甘い。おいしい」と購入者のほくほく笑顔が広がっている。

 亮さんは読売新聞大阪本社記者、ヤフージャパン勤務などを経て愛知県で環境関連の事業を手掛けていた。両親がかつて原村でペンションを営み、自身も毎年夏にアルバイトで富士見高原へ。2020年5月、縁のある八ケ岳エリアへ夫婦で移り住んだ。

 就農に向けてはゼロからのスタート。亮さんは茅野市のパセリ農家、介護士をしていたまさ子さんは原村のセロリ農家のもとでアルバイトに励んだ。「畑ならいくらでも貸すぞ」。そう声を掛けてくれたのは富士見高原で知り合った住民たち。富士見町の木之間、花場、休戸で休耕地などを借り、パセリ農家として一歩を踏み出した。JA信州諏訪の勧めでキクの栽培も手掛けている。

 家庭内6次産業化への夢を持っていたという夫婦。同道の駅で焼きいもの販売をしていた男性にも出会い、高齢で継続できなくなった思いを継いで、農閑期に焼きいも屋を営む決意をした。1000株を定植し、昨秋に800キロを収穫。室温13度に保った部屋で熟成させ、移動販売車の制作に取り掛かった。

 屋号も出会いから。「畑周辺に良くキジが来ます」。友人に依頼し、キジがほくほくの焼きいもを抱えるロゴも作った。「ゆくゆくは町内に店を構え、大学いもや干しいもも提供したい」と亮さん。住民や観光客との出会いと対話を楽しみにし、町のPRや集落の活性化にも貢献したいと意欲を見せている。

 9、10の両日は午前10時から出店する。情報はインスタグラム(@kizinouen)で発信している。

関連記事

長野日報社

寒さもうなぎで乗り切る 岡谷市発祥「寒の土用丑の日」近づく 長野県

長野県岡谷市発祥の「寒の土用丑の日」(24日)を控え、市内のうなぎ料理店や川魚店からは、かば焼きの甘い香りが漂っている。長引く新型コロナウイルス感染症の影響で店側には厳しい状況が続くが、関係者は...

荘内日報社

冬ごっつぉ 山海の幸ふんだんに 「温海旬御膳」来月28日まで 8店舗オリジナル..

 冬の日本海で捕れた旬の幸の料理や温泉入浴など、鶴岡市温海地域の魅力を堪能できるキャンペーン「温海旬御膳~冬のごっつぉめぐり~」が14日から始まった。来月28日まで、同地域の旅館や飲食店8店舗でそれぞれ...

荘内日報社

鳥海山のライス型 ジオパーク発信 光陵高生製作 「遊佐カレー」盛り付けに

 鳥海山の山容を立体的に模したご飯に風味豊かなルーを合わせ、遊佐町特産のパプリカなどをトッピングして仕上げる「遊佐カレー」のご飯を、簡単きれいに盛り付けることができる「鳥海山型ライス型」を県立酒田...

荘内日報社

若者の感性でラベルデザイン 清酒「清泉川」のオードヴィ庄内が純米酒2種発売 ..

雪若丸の特長生かし 粒立ち良さ立体的に  清酒「清泉川」のオードヴィ庄内(酒田市浜中、佐藤晴之社長)は今春、県産ブランド米「雪若丸」で醸造した初搾り純米酒「オードヴィヌーボー」2種を一般発売する。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク