全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖「全面結氷」 御神渡りへ気持ち高ぶる

「全面結氷」を認定した八剱神社の宮坂清宮司(左)ら=7日午前8時20分ごろ、諏訪市上諏訪の立石公園

諏訪湖の氷がせり上がる御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(長野県諏訪市小和田)は7日朝、湖面の「全面結氷」を今季初めて認定した。観察3日目での認定で、1989(平成元)年以降では4番目に早い記録。7年目に一度の御柱年ともあって、2018年以来4年ぶりの出現に向けて神社関係者の気持ちも高ぶった。

午前6時30分ごろ、宮坂清宮司(71)と氏子総代ら計8人が諏訪市豊田の舟渡川河口付近で観察を開始。気温は宮坂宮司らが持ち込んだ温度計で氷点下5度。年末年始から低温が続いたことで水温は0・9度まで低下していた。氷は厚さ5ミリ~2センチだった。

湖岸からの観察では「ほぼ全面結氷」との見解が出たが、湖面を広範囲に調べるため、高台にある同市上諏訪の立石公園にその後移動。全域が薄氷に覆われているのを双眼鏡で確認した宮坂宮司が「全面結氷」を宣言した。近年になく早い時期での認定に、参加者からは驚きと喜びの声が上がっていた。

宮坂宮司は「全面結氷は御神渡りの第一条件。水温が低く環境が整っているので冷え込みを待つだけ。明日からの観察がとても楽しみ」と久々の出現に期待を膨らませた。

昨年は1月13、21日の2回全面結氷したが、その後は降雨などで氷の状態が悪化して未出現に終わり、平成以降の33年間で24回目となる「明けの海」が認定された。

関連記事

長野日報社

歴史や文化歩いて再発見 高遠町で謎解きゲーム

長野県伊那市高遠町のご城下通り一帯にある石碑や建造物を巡り、クイズに答える高遠「謎解き町歩きゲーム~時間泥棒からの挑戦状~」が11日に始まった。同市高遠商工観光課が、主に市内小学生らを対象に企...

長野日報社

「縄文」ブースの写真投稿を 長野県諏訪地方6館でスタンプラリー

 長野県諏訪地域振興局は、日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」を構成する諏訪地方6市町村の博物館・考古館6館で、写真共有アプリ「インスタグラム」を活用したスタンプラリーキャンペーンを展開してい...

長野日報社

諏訪大社下社秋宮、幻想的 ライトアップ14日まで 長野県

 長野県諏訪大社下社秋宮で、「夏詣」の企画に合わせてライトアップが行われている。雅楽の音が流れる中、静かな夜の境内を幻想的な光が包んでいる。参拝者らはライトアップされた御柱や神楽殿などをスマー...

北羽新報社

豪華絢爛、能代七夕「天空の不夜城」3年ぶり運行

 高さ日本一の城郭灯籠が練り歩く能代七夕「天空の不夜城」は2日、能代市中心部の国道101号で3年ぶりに開幕した。高さ24・1㍍の「愛季(ちかすえ)」と、5丈8尺(約17・6㍍)の「嘉六(かろく)」が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク