全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡市の新市民歌 荘銀タクト鶴岡でお披露目

新しい鶴岡市民歌が高校生らの演奏で披露された

 鶴岡市の新しい市民歌発表会が1日、市文化会館「荘銀タクト鶴岡」で開かれ、お披露目された。

 市町村合併前の旧市町村ごとの市民歌や町民歌しかなかったため、同市では市合併・市制施行10周年を契機に、新しい市民歌の制作に向けて市民歌制定委員会を設置し協議をスタート。歌詞を全国から公募するなどし、制作を進めてきた。

 新しい市民歌は、作詞家の保岡直樹さん(東京都在住)の歌詞を選定、作曲は東京音楽大客員教授の新実徳英さんが手掛けた。3番まで歌詞があり、豊かな自然や歴史、明るい未来などが盛り込まれている。

 この日は市民約700人が参加してお披露目。榎本政規市長は「広く歌い継がれることを期待」とあいさつ。作詞、作曲者が紹介され、保岡さんは「作って終わりでなく、新しいドラマがここからスタート。歌の力で鶴岡を盛り上げていき、全国へ発信してほしい」、新実さんは「録音のために鶴岡を訪れ、人や自然などいいところだと気に入った。親しみやすく、歌いやすいことを考えた」などと歌に込めたそれぞれの思いを話した。

 その後、タクト鶴岡で初となるコンサートとして、鶴岡南高吹奏楽研究会が吹奏楽演奏、市合唱連盟や鶴岡北高音楽部、鶴岡南高吹奏楽研究会、庄内農業高音楽部、鶴岡東高合唱部のメンバーが混声で演奏。穏やかなメロディーを奏でた。参加した女性(80)は「爽やかなメロディーですてきでした」と話していた。

 市では市民歌のCDを学校などへ配布するほか、ホームページでも試聴できるようにする予定。

関連記事

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

宇部日報社

全国学校給食週間、小学校で昭和30年代のメニュー

 宇部市内の全公立小・中学校36校は、食べ物の大切さや、給食が多くの人に支えられていることを考えてもらう機会にしようと、24日から28日までの全国学校給食週間に合わせて特別メニューなどを展開して...

みずみずしい純白の花  珍種シロバナヒカンザクラ咲く 奄美市

 鹿児島県奄美市名瀬大熊の県道81号沿いで珍種のシロバナヒカンザクラが開花し、みずみずしい純白の花が通行人の目を和ませている。  満開を迎えているのは県道沿い3カ所の合計5本。辺りでは濃いピン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク