全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

浮田選手を懸垂幕で激励【釧路】

 

本社ビル5階から掲示している浮田選手を応援する懸垂幕

三ッ輪運輸(栗林定正代表取締役社長)は、同社職員でアイスホッケー女子日本代表として北京冬季五輪(2月4日開幕)に挑むFW浮田留衣選手(25)を鼓舞しようと、釧路市錦町5の本社ビルに懸垂幕を掲げた。

 浮田選手は3度目の五輪出場。同社には2019年6月に入社、情報システム室に勤務し、社内のコンピューター関係のサポート業務に従事している。同社は競技と仕事を両立できる体制を構築。浮田選手が釧路で所属するDaishinでの練習や試合のほか、日本代表としての合宿や遠征への参加も支援している。仕事ぶりは「真剣で前向き」。「物事を考え、積極的に対応してくれる」「快活で朗らかな性格のため、職場を明るくしてくれる」と同僚の評価も高い。

 懸垂幕は代表内定後の昨年12月27日に設置。本社ビルの5階から下げており、建物の利用者はもちろん、道行く歩行者やドライバーの目にも留まる。背番号15番を明示し「釧路から世界へ!」のメッセージも添えている。壮行会はコロナ禍を考慮して同23日、小規模で行い、栗林社長らが激励した。

 現在、社員による寄せ書きでの応援旗を作製中。「釧路の身近なスポーツであるアイスホッケーで世界に挑戦する浮田さんを、地元として応援したい」「北京のリンクで、羽ばたく姿を楽しみにしています」「思いっきり、元気にプレーしてください」とエールを送っている。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク