全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

地元の特産品8点 下社山出し観覧チケット購入者に

御柱祭下社山出しの有料観覧席チケット購入者に贈られるお土産セットなど

下諏訪町御柱祭実行委員会は6日、今春開催される諏訪大社式年造営御柱大祭(御柱祭)の下社山出し(4月8~10日)の有料観覧席チケット購入者に事前に発送する地元お土産セットの内容を公表した。同町や諏訪地方の企業によるワカサギの甘露煮やみそ、菓子、陶器の「ぐい呑み」など地元の特産品8点の組み合わせ。チケットは8日午前10時から23日まで専用ホームページで応募を受け付け、抽選結果を2月4日に発表する。

コロナ下での御柱祭となるため、今後の感染状況次第では観覧ができなくなる場合も想定し、特産品を通じて諏訪や御柱祭の魅力を感じてもらおうと初めて企画。お土産セットは3月中旬に発送する。新型コロナウイルス感染対策として、2週間前からの健康観察チェックシート、観覧者専用のタオルマフラー、御柱祭のロゴ付きマスクも付ける。

お土産の内容は、▽黒曜石入り麦茶パック▽みそ1カップ▽御柱祭ガイドブック▽七味唐辛子▽豆菓子│など、地元でも人気の商品をそろえた。チケット購入者には当日、幕ノ内弁当も付く。

観覧席は3日間で延べ約7300席を販売予定。このうち、一般販売の約5300席には全て統一のお土産セットと弁当が付く。

同実行委によると、昨年末に観覧席チケットの概要を発表後、一日に数十件の問い合わせが来ており、顧客からの期待に手応えを感じているという。担当者は「七年目に一度の御柱祭。地元の人にも愛されているお土産を用意したので諏訪の魅力を感じてほしい。ぜひ多くの人に観覧席チケットに応募してほしい」と呼び掛けている。

問い合わせは同実行委事務局(電話0266・78・9066)へ。

----------------  御柱祭下社山出し観覧席チケット料金  ・一般販売(1日あたり)  ■ SS席 300席=2万6000円  ■ S席  800席=2万3000円  ■ A席  100席=2万円  ■ B席  400席=1万7000円  ■ 車いす席 30席=1万7000円

関連記事

長野日報社

氷瀑、アイスブルー 長野県茅野市の「小斉の湯」

 20日は1年の中で最も寒いとされる「大寒」。茅野市蓼科のビーナスライン沿いにある温泉施設「小斉の湯」の敷地内に今年も、巨大な氷瀑がお目見え。神秘的なアイスブルーの”造形芸術”が、訪れる人の目を楽...

長野日報社

「人生の合格かなえて」 長野県のJR上諏訪駅に応援コーナー

 長野県諏訪観光協会と諏訪市のJR上諏訪駅、仏法紹隆寺は19日、受験合格の願いを「文殊の梶の葉」カードに託して掲げる応援コーナーを同駅構内に設けた。暮らしと観光の玄関口である駅を中心に人と幸運の...

長野日報社

御神渡りへ一進一退 八剱神社、諏訪湖観察 長野県

 20日の「大寒」を前に、御神渡り(御渡り)の出現に向けて一進一退の状況が続いている。今季は19日までに「全面結氷」が6回認定されているが、いずれもその後の強風や雨、日中の高温で氷の状態が悪化。い...

長野日報社

「縄文カード」人気 展示施設で無料配布 長野県

 長野県埋蔵文化財センター(長野市)は県内の博物館などと協力し、縄文時代の遺物をデザインした「縄文カード」を作製した。土器や土偶、石鏃など10種類で、それぞれ1000枚用意。上伊那地方では、伊那...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク