全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

今年の展望は・・・・・・・・・ 鶴岡・酒田で賀詞交換会

人の流れ回復することに期待
地元経済を回す仕組みづくりを

◇鶴 岡
 鶴岡市賀詞交換会が4日、同市の東京第一ホテル鶴岡で開かれた。昨年は新型コロナの影響でオンライン開催し、参集での開催は2年ぶり。市内の企業を中心に福祉やまちづくりの団体代表ら約200人がコロナ禍に負けず地域の発展を進めていく決意を新たにした。

 市の主催で、コロナ前は約500人が参加していた。今回は、一般参加は人数を限定して先着順で受け付け、従来の鏡開きや乾杯、立食パーティーは取りやめた。

 国歌と市民歌の斉唱、市民憲章唱和に続き、新年のあいさつに立った皆川治市長は、引き続きコロナの感染対策と経済対策を両輪として進めることや、旧庄内藩酒井家の庄内入部400年記念事業など各種施策を示した上、「3つの日本遺産や豊かな自然、食文化に恵まれた創造と伝統のまちである本市には誰一人取り残さないSDGs未来都市をリードする役割が求められている。みんなが暮らしやすい城下のまちづくりを推進していく」とした。一方、冒頭には自身の政治資金100万円の受領に絡む問題について「法令に対する理解、認識の甘さにより皆さまの信頼を損なうことになり、おわびを申し上げる」と陳謝した。

 加藤鮎子国土交通大臣政務官、芳賀道也参院議員、菅原一浩市議会議長、加藤捷男鶴岡商工会議所会頭、上野隆一出羽商工会長があいさつ。その後、参加者同士がお茶を飲みながら懇談、賀詞を交わした。

 今年の展望に関する本紙の取材に対し、庄内交通の村紀明社長は「年末にかけて人出がやや増え、コロナ前の7、8割に戻ってきた。今年は、ワクチンや内服薬などでコロナがインフルエンザ並みになり、人の流れが回復することに期待」、山本組の山本斉社長は「一部資材の値上がりなどはあるが、コロナの影響はそれほどない。今年は大きく飛躍する年にしたい。そのため地元経済を回す仕組みづくりをより積極的に進めてほしい」、加茂水族館の奥泉和也館長は「入館者数は依然として低水準で推移。ただ、コロナで心まで暗くなる風潮は良くない。子どもたちがさまざまな体験をできる環境がいち早く戻ることを願っている」と話した。         

鶴岡市内の企業や各団体の関係者が賀詞を交わした=4日、東京第一ホテル鶴岡



新たな酒田の始まりの年 官民一体で
新しい生活様式が定着する一年

◇酒 田
 酒田市と酒田商工会議所主催の新年賀詞交換会が4日、同市の酒田産業会館まちなかホールで行われ、地元の経済人らが新年を祝い、市勢発展への決意を新たにした。

 新型コロナウイルス感染拡大のため昨年は中止となり、2年ぶりの開催。約300人が出席した。国歌清聴に続き丸山至市長、弦巻伸会頭が年頭あいさつを述べた。このうち弦巻会頭は「新しい産業会館建設には多くの皆さんから力添えを頂いた。今月中旬には満室となり、8団体約150人が働く会館となる」と述べた上で、「昨年はコロナ禍の影響が全ての業種に影を落とした。経済活動の回復にはまだ時間がかかりそうだが、国や県、市などの支援施策と連携を取って情報提供、各種支援を進めていきたい」と話した。

 そして「明るい話題としては海と空の港。海では脱炭素社会実現に向けた酒田港の基地港湾指定を目指す運動の強化が進み、ビッグプロジェクト実現の期待が膨らむ。空では全日本空輸(ANA)が地域創生事業を展開中で、今後の活躍を期待したい。昔から言われてきたことだが、港が元気な時は酒田は元気。庄内地域が大きく発展する始まりの年になれば」と続けた。

 今年の展望に関する本紙の取材に仮設機材工業の西村修社長は「新たな酒田の始まりの年。山居倉庫周辺エリア、酒田港で新たな施設の建設や計画が進み、旧マリーン5清水屋を含む中心市街地の活性化など、官民が一体となって着実に推進することが大事。何一つ手を抜けない。酒田の真価が問われる一年になりそうだ」。市内に移住したANAの客室乗務員「庄内ブルーアンバサダー」の2人と共に出席したANA庄内支店の前田誠支店長は「昨年は庄内空港開港、ANA就航30周年の節目を迎えることができた。地元の皆さんに支えてもらった結果で、心から感謝。この先30年の飛躍の礎として客室乗務員5人が酒田に移住した。地域と共に活動していきたい」と話した。

 ブルーの齋藤健太郎社長は「新しい生活様式が定着する重要な一年。新型コロナ無利子融資の返済が始まる。業績が回復していないうちに始まるので淘汰(とうた)される企業も出てくるのでは」と話し、「コロナ禍でかなり疲弊した芸術文化活動の再興に向け、支えていきたい」と語った。

鏡開きや乾杯で新年を祝った酒田の新年賀詞交換会=4日、酒田産業会館

関連記事

荘内日報社

「紅花の守人」「丸八やたら漬」 映画撮影の思い 鶴岡まちキネ 佐藤監督と髙..

 山形県を舞台にしたドキュメンタリー映画「紅花の守人(もりびと)」と「丸八やたら漬 Komian」を上映中の鶴岡まちなかキネマで15日、両作品の監督・佐藤広一(こういち)さん(44)=天童市在住=とプ...

八重山古典民謡保存会 2年ぶり新春演奏会 45周年へ心一つに

 八重山古典民謡保存会(大浜修会長)の新春演奏会が16日夕、大川公民館で開かれ、会員25人余りが鷲ぬ鳥節や目出度節など全14曲を披露した。演奏会は2年ぶり。新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮...

荘内日報社

庄内町地酒消費拡大キャンペーン プレミアム付き購入券発行へ 2月1日から町..

 庄内町観光協会は11日、「庄内町地酒消費拡大キャンペーン」と銘打ち、同町内の酒蔵「鯉川酒造」と「やまと桜」が製造する地酒をお得に購入できる「プレミアム付き地酒購入券」の発行を発表した。購入券は町内1...

荘内日報社

若者の感性でラベルデザイン 清酒「清泉川」のオードヴィ庄内が純米酒2種発売 ..

雪若丸の特長生かし 粒立ち良さ立体的に  清酒「清泉川」のオードヴィ庄内(酒田市浜中、佐藤晴之社長)は今春、県産ブランド米「雪若丸」で醸造した初搾り純米酒「オードヴィヌーボー」2種を一般発売する。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク