全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

変わらぬ味 愛され40年 帯広の「喫茶木かげ」

「これからも地域の人に愛される喫茶店でありたい」と話す高橋社長

 帯広市内の「喫茶木かげ」(東2南26、高橋延忠社長)が8月末、創業40周年を迎えた。同じ場所でこれだけ長く続く喫茶店は市内でも珍しく、「いつでも立ち寄り、落ち着いてゆっくりと過ごしてもらいたい」(高橋社長)という変わらぬ思いが、来店客に喜ばれている。

 岐阜県出身の高橋社長(89)は、喫茶店文化が盛んな名古屋にたびたび足を運び、喫茶店開業を夢見ていた。65年前に仕事の関係で帯広に移り住み、衣料品製造販売店に勤務。来店客から「(隣に)喫茶店があったら」と言われたのを契機に、隣接の売り家を1970年に購入。77年に念願の喫茶店をオープンした。

 「ゆっくりしていってほしい」(高橋社長)との思いから、椅子はソファにこだわった。毎朝8時の開店と同時に約50席の半分ほどが埋まり、新聞を読みながらモーニングセットを楽しむ来店客でにぎわう。

 さまざまなニーズに応えるため、従業員から新しいアイデアを募るなど工夫を凝らし、メニューは年々増える。現在、32種類の料理と42種類の飲み物メニューを提供している。

 一方、創業以来変わらない味も大切にする。鶏肉やゴボウなど約10種類が入った混ぜご飯に、野菜サラダや目玉焼きが付く「木かげセット」(1000円)は高橋社長思い出の一品で、「昔、別の喫茶店で熱々のナポリタンの上に目玉焼きが載って出てきたとき思った豪華さを再現したかった」という。

 「1975年ごろ、ブームで市内に300軒ほどあった喫茶店も、最近は数が減ってしまった」と時代の変化を感じるという高橋社長。一方で「これからも変わらぬ味を大切に、地域の人に愛され続ける喫茶店にしていきたい」と話している。

 営業時間は午前8時~午後6時。年末年始以外は無休。問い合わせは同店(0155・26・2399)へ。

関連記事

荘内日報社

「いじめのない学校づくり」発信!! 三川・東郷小運営委員会 オリジナル演劇..

 三川町の東郷小学校(海藤陽子校長、児童122人)の児童が、いじめ問題に取り組んでいる。6年生の運営委員が中心となり、オリジナルの「いじめ演劇」を作って全校児童を前に発表。劇を見た感想を求めるなどして...

紀伊民報社

駐日トルコ大使が初来県 就任後初の公式訪問

 トルコのコルクット・ギュンゲン駐日大使(53)が20日、就任後初の公式訪問で来県した。県立博物館(和歌山県和歌山市)で、約130年前に串本町の樫野崎沖で沈没したトルコ軍艦エルトゥールル号によっ...

池田のお店動画 注目道内一 裏メニュー紹介や店内突撃

 池田町商工会(平井昌行会長)が動画共有サイトYouTube(ユーチューブ)https://wwwyoutubecom/channel/UCTcTkRYf6sKkLzeuAqUVcuwの公式チャンネルを活用し、町内事業者を紹介する動画を配信している。...

宇部日報社

大寒に合わせ山陽小野田市の妙徳寺で寒行

 一年で最も寒さが厳しいとされる二十四節気の一つ「大寒」の20日に合わせて、山陽小野田市野中にある妙徳寺(荒川英良住職)で寒行と祈願回りが始まった。29日までの毎晩、檀家(だんか)の人たちが市内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク