全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

地域にふさわしい御柱を 抽籤祈願始まる

玉串をささげて地域にふさわしい御柱を授かるよう願う「湖南・中洲」の抽籤祈願=2日午前6時15分ごろ

令和4年諏訪大社式年造営御柱大祭(御柱祭)の年を迎え、長野県諏訪市の諏訪大社上社本宮では2日、御柱の曳行担当を決める抽籤式に向けた「抽籤祈願」が始まった。抽籤総代、大総代や地区代表の氏子たちが集まり、地域にふさわしい御柱を授かるよう願った。上社大総代会でつくる上社御柱祭安全対策実行委員会がまとめた感染対策のガイドラインに沿い、各柱とも参列者を30人以内としたこともあり、厳粛な雰囲気に包まれた祈願初日となった。

寒気と放射冷却現象の影響で諏訪の最低気温が氷点下10・8度とこの冬一番の寒さとなった抽籤祈願の初日。各地区の大総代らは緊張した面持ちで「身が引き締まる思い」と語り、抽籤に向けて精進を誓った。氏子たちは地区の旗を先頭に境内の階段を上り、幣拝殿前の斎庭に整列。1メートル以上の距離を取りながら並び、抽籤総代が玉串を奉る様子を見つめ、大総代らに合わせて参拝した。祈願が終わり、氏子たちは順次、本宮を後にした。境内を離れた場所からお宮に向けてこん身の木やりを届ける木やり師もいた。

同日は6地区が抽籤祈願をした。各地区の抽籤総代は、一緒に参拝した大総代や氏子、感染防止のため参列を我慢した氏子たちに感謝しつつ、自らの務めを全うする決意を新たにしていた。

抽籤祈願で上社本宮に集まり、大総代を先頭に斎庭に向かう「宮川・ちの」=2日午前6時30分ごろ

この日最初の祈願となった湖南・中洲の仲井宏人さん(64)=諏訪市田辺=は「良い御柱を授かることができるよう精進したい」。前回、本宮一を担当した四賀・豊田の守屋文門さん(69)=同市赤沼=は「8本(の御柱)すべてが神様。抽籤式もその日までの抽籤祈願も平常心を心掛けたい」。御柱祭安全対策実行委の副委員長も務める宮川・ちのの大久保賢一さん(70)=茅野市宮川茅野=は「私たちの地区がこれまで曳いたことがない御柱を曳かせていただけるならありがたい」。金沢・富士見の樋口尚宏さん(65)=同市金沢上町=は「抽籤祈願が始まり、気持ちの高ぶりを感じた」。豊平・玉川の矢島正恒さん(67)=同市南大塩=は「誠心誠意、私の持てる魂をすべて傾注して抽籤式に臨みたい」。原・泉野の五味光亮さん(79)=原村室内=は「地域にとってふさわしい御柱をいただけると思う」とそれぞれ語った。

抽籤式は2月15日。本宮と前宮に建てる計8本の担当地区を決める。

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、鹿追の然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運...

長野日報社

美人画の巨匠・伊東深水 伊東近代美術館で没後50年追悼展 長野県諏訪市

長野県諏訪市諏訪の伊東近代美術館で、美人画の巨匠として知られる同館ゆかりの日本画家、伊東深水(1898~1972年)の没後50年を記念した追悼展が開かれている。掛け軸やスケッチなど計19点を展...

北羽新報社

能代市の旧料亭金勇 着物フォトプランを商品化

 能代市柳町の旧料亭金勇は、館内外で本格的な和装写真を撮ることができるフォトプラン「金勇きものフォト」を商品化した。衣装の準備や着付け、ヘアメイクは県美容生活衛生同業組合能代支部(加藤妙子支部長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク