全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

御柱祭下社の資料展示 JR下諏訪駅の街かど博物館

各種御柱祭資料を展示している下諏訪駅舎内の街かど博物館

長野県下諏訪町のJR下諏訪駅舎内観光案内所に併設する「街かど博物館」では、写真やポスター、御幣など、諏訪大社御柱祭の下社に関連する各種資料を展示している。訪れる観光客らは資料を眺め、御柱祭への関心を高めているようだ。

街かど博物館は鉄道資料などを常設展示する休憩スペース。御柱祭が近づいてきたことから、駅観光案内所が「広く祭をPRしよう」と徐々に祭関連資料を増やしている。

現在、壁には前回と令和4年の御柱祭ポスター、棚木場に安置されている御柱祭の御用材の写真、昭和時代に撮影された木落としの写真などを掲げている。また1926(大正15)年に南信日日新聞社(現長野日報社)が発刊した御柱祭特集の紙面も展示している。

施設内に設置されている長テーブルは、御用材と同じモミの木の巨木(直径約90センチ)の一枚板を使用したもの。テーブルの端には、萩倉郷友会と子どもらが協力して打った引綱(男綱、女綱)が取り付けられている。

このほか、令和4年御柱祭の下社山出し後に木落とし坂上に設置される観光PR用の模擬御柱の用材の先端部分、大御幣、木落としや町内の街並みをモチーフにした版画なども展示されている。

希望に応じ、観光案内所長で下諏訪町木遣保存会顧問の小松直人さんが御柱祭について解説する。小松さんは「これからも徐々に御柱祭関連の資料を増やし、多くの人に御柱祭や諏訪の魅力を発信したい」と話している。

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、鹿追の然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運...

長野日報社

美人画の巨匠・伊東深水 伊東近代美術館で没後50年追悼展 長野県諏訪市

長野県諏訪市諏訪の伊東近代美術館で、美人画の巨匠として知られる同館ゆかりの日本画家、伊東深水(1898~1972年)の没後50年を記念した追悼展が開かれている。掛け軸やスケッチなど計19点を展...

北羽新報社

能代市の旧料亭金勇 着物フォトプランを商品化

 能代市柳町の旧料亭金勇は、館内外で本格的な和装写真を撮ることができるフォトプラン「金勇きものフォト」を商品化した。衣装の準備や着付け、ヘアメイクは県美容生活衛生同業組合能代支部(加藤妙子支部長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク