全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

海の〝寅〟特別展 すさみの水族館

サンゴトラザメ(右)と派手な体色が特徴のトラウツボ(左)。中央奥にはトラフシャコが居座る=和歌山県すさみ町江住で

 和歌山県すさみ町江住にある「エビとカニの水族館」は、正月の特別展「海の寅(とら)から めでタイガー」を始めた。2022年の干支(えと)にちなみ、名前に「トラ」が付く生物3種を展示している。
 派手な体色が特徴で紀南の海にも生息するトラウツボは体長が50センチと60センチほどの2匹。おとなしい性格というサンゴトラザメ(体長約40センチ)と、黄色と黒のしま模様のトラフシャコ(同25センチ)は1匹ずついる。
 水槽(縦横ともに50センチ、高さ60センチ)には、塩化ビニール管で作った鳥居も設置。正月ムードを演出している。
 平井厚志館長は「22年はコロナ禍が収まることを願いつつ、多くの方に来てもらえるよういろいろな企画を展開していきたい」と話している。特別展は15日まで。

関連記事

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク