全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

サントリーと共同で商品化 ジンソーダにヤマモモのシロップ

コラボ商品が販売されている、「熊野やまももしろっぷ」とサントリーのジャパニーズジン「SUI 翠」(和歌山県上富田町朝来で)

 和歌山県上富田町の「口熊野かみとんだ山桃会」(樫木美喜恵代表)が開発したヤマモモのシロップと、飲料大手サントリーのジンを使った新商品が、県内の飲食店約100店で販売されている。関連会社「サントリー酒類」が販売するジャパニーズジン「SUI 翠」を飲食店がそれぞれソーダ割りし、シロップを加えて販売している。

 ヤマモモを使った商品化は、県とサントリー酒類が企画した取り組み。両者は県産食材の振興などに向けて2011年から協力体制を築いている。
 使用するシロップは、町の木「ヤマモモ」を活用して町を盛り上げようと、住民有志で結成した「口熊野かみとんだ山桃会」が18年に地元の食品加工会社と協力して開発した「熊野やまももしろっぷ」。ほどよい甘酸っぱさが特徴のヤマモモの実を用いている。
 サントリー酒類が20年春に発売した「SUI 翠」は、日本の食卓になじみの深いユズや緑茶、ショウガの和素材を使用して繊細な味わいに仕上げており、ドライな口当たりの「翠」とヤマモモを組み合わせることで、互いの良さを引き立てた爽やかな甘さのドリンクになっているという。
 山桃会の樫木代表(50)は「ヤマモモのほどよい甘酸っぱさが引き立ち、すっきりとしていて女性でも飲みやすいお酒になっている。機会があればぜひ飲んでみてほしい」、サントリー酒類の担当者は「『翠』とのコラボは、ヤマモモの楽しみ方の一つ。コラボを通じて、上富田で作られているヤマモモをたくさんの人に味わっていただきたい」とそれぞれ話している。
 県内での販売は、和歌山市が先行。有田市や御坊市、田辺市などでも始まっている。

関連記事

紀伊民報社

扇ケ浜に海の家2店オープン 関大生と南紀みらいが運営

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場に個性の違う「海の家」2店がオープンした。運営する南紀みらいは「海水浴だけではないビーチの魅力を満喫できる空間。いろいろな人に遊びに来てほしい」と呼びかけている。 ...

白熱したレース展開 5年ぶり鵡川で 「人間流送競技」 穂別流送まつり むかわ

第41回むかわ町穂別流送まつり(同まつり実行委員会主催)が20、21両日、穂別ふれあい公園で開かれた。会場は大勢の人でにぎわい、ジンギスカンやフライドポテトなどの出店を楽しげに巡る光景が広がった。...

荘内日報社

お待たせ!!朝採りだだちゃ豆 JA鶴岡中央支所 大泉直売所オープン

 鶴岡市白山のJA鶴岡中央支所駐車場の特設テントで22日、「大泉だだちゃ豆直売所」がオープンした。待ちかねたファンが早速訪れ、朝採りの鮮度抜群の枝豆を買い求めていた。  直売所は生産者の女性たちに...

ヒップホップ、ジュエリーで発信 芽室出身アーティスト橋本さん

 芽室町出身のヒップホップアーティスト、橋本悠汰さん(25)が、ジュエリー会社「EmpireHollywood(エンパイアハリウッド)」を開業した。町内のアパレルショップ「doek(ズック)」(東...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク