全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

サントリーと共同で商品化 ジンソーダにヤマモモのシロップ

コラボ商品が販売されている、「熊野やまももしろっぷ」とサントリーのジャパニーズジン「SUI 翠」(和歌山県上富田町朝来で)

 和歌山県上富田町の「口熊野かみとんだ山桃会」(樫木美喜恵代表)が開発したヤマモモのシロップと、飲料大手サントリーのジンを使った新商品が、県内の飲食店約100店で販売されている。関連会社「サントリー酒類」が販売するジャパニーズジン「SUI 翠」を飲食店がそれぞれソーダ割りし、シロップを加えて販売している。

 ヤマモモを使った商品化は、県とサントリー酒類が企画した取り組み。両者は県産食材の振興などに向けて2011年から協力体制を築いている。
 使用するシロップは、町の木「ヤマモモ」を活用して町を盛り上げようと、住民有志で結成した「口熊野かみとんだ山桃会」が18年に地元の食品加工会社と協力して開発した「熊野やまももしろっぷ」。ほどよい甘酸っぱさが特徴のヤマモモの実を用いている。
 サントリー酒類が20年春に発売した「SUI 翠」は、日本の食卓になじみの深いユズや緑茶、ショウガの和素材を使用して繊細な味わいに仕上げており、ドライな口当たりの「翠」とヤマモモを組み合わせることで、互いの良さを引き立てた爽やかな甘さのドリンクになっているという。
 山桃会の樫木代表(50)は「ヤマモモのほどよい甘酸っぱさが引き立ち、すっきりとしていて女性でも飲みやすいお酒になっている。機会があればぜひ飲んでみてほしい」、サントリー酒類の担当者は「『翠』とのコラボは、ヤマモモの楽しみ方の一つ。コラボを通じて、上富田で作られているヤマモモをたくさんの人に味わっていただきたい」とそれぞれ話している。
 県内での販売は、和歌山市が先行。有田市や御坊市、田辺市などでも始まっている。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク