全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝全市町村で「福祉灯油」 低所得者ら支援 3年ぶり

 灯油価格の高止まりを受け、十勝管内では19市町村全てがこの冬、低所得世帯などの灯油購入を支援するいわゆる「福祉灯油」を実施する。全市町村が実施するのは2018年度以来。

 

 18年度は、各自治体が福祉灯油を実施するか最終判断する11~12月の灯油価格(道東、配達、石油製品価格調査)が104円を超えていた。今冬は当時をさらに10円以上上回り、20日時点で115.9円。

 管内市町村の支給額は帯広市の5000円から、池田、豊頃両町の200リットル(約2万3000円相当)まで幅がある。中札内村は11月上旬には1万5000円分の助成を予定していたが、その後のさらなる高騰を受けて、村の制度では上限の2万円まで引き上げた。

 支給方法は現金振り込みや自治体内で使用できる商品券、灯油引換券などさまざま。暖房の熱源を問わずに現金を支給したり、灯油を使用しない世帯にも同等額の商品券を支給したりする町村がある一方、新得町は「あくまで灯油価格高騰に対する支援」とし、灯油を使用する対象世帯に限定。

 帯広市は支給方法を前回の灯油引換券から現金に変更したが、新得と同様、あくまで灯油高騰に対する制度との位置付けで、灯油を購入した証明を支給要件とする。支給方法変更の理由を市は「前回、一部の灯油販売事業者の協力を得られず、その事業者を利用している対象者に不公平感が生じたため」とする。

 助成を受けるには申請が必要だが、前回の申請率は帯広市で76.9%、芽室町で60%などとなっている。人口規模が大きい自治体はそれぞれの生活実態の把握が難しく、対象となる可能性のある世帯を広く抽出しているため。芽室町は今年度、対象世帯の把握の精度を高めて個別通知したという。

関連記事

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク