全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「集落存続」懸けた拠点 西古見カフェ オープン 古民家を改修、住民運営  瀬戸内町

カフェ運営メンバーの茂区長(右)と柳さん=24日、鹿児島県瀬戸内町

 鹿児島県奄美大島の最西端にある瀬戸内町西古見集落に、「西古見カフェ」がオープンした。集落住民で組織した実行委員会が運営し、食事や軽食を提供する。実行委の茂節子区長(77)は「西古見集落で初のカフェ。美しい景観とおいしい食事を楽しんでほしい」と話し、交流や憩いの場としてのカフェの発展を願った。

 カフェ開業は高齢化と人口減少に悩む西古見の住民たちが「集落存続」を懸けて取り組むプロジェクト。2019年から話し合いを重ね、町の地域提案型空き家利活用事業なども活用し、11月24日の「いい西」の日にオープンした。

住民らが力を合わせてオープンした西古見カフェ=24日、鹿児島県瀬戸内町

 メニューはうどん、カレー、鶏飯、手作りケーキ、沖永良部島産コーヒーなど。料理長は、集落在住で調理師免許を持つ柳ひとみさん(67)。関東出身で同集落に移住した30代の女性はSNS(会員制交流サイト)の広報を担当し、地域の男性陣が内装・外装改修を手伝った。住民たちで知恵と技術を出し合って開業にこぎつけた施設だ。

 茂区長は「たくさんの人が力を貸してくれて実現できた。カフェを地域の拠点として定着させ、今後は農作物の販売イベントなども企画して人を呼び込みたい」と期待した。

 カフェの場所は集落西側の観音像前。営業時間は金、土、日の午前11時~午後2時、午後5時~同7時。

関連記事

紀伊民報社

扇ケ浜に海の家2店オープン 関大生と南紀みらいが運営

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場に個性の違う「海の家」2店がオープンした。運営する南紀みらいは「海水浴だけではないビーチの魅力を満喫できる空間。いろいろな人に遊びに来てほしい」と呼びかけている。 ...

白熱したレース展開 5年ぶり鵡川で 「人間流送競技」 穂別流送まつり むかわ

第41回むかわ町穂別流送まつり(同まつり実行委員会主催)が20、21両日、穂別ふれあい公園で開かれた。会場は大勢の人でにぎわい、ジンギスカンやフライドポテトなどの出店を楽しげに巡る光景が広がった。...

荘内日報社

お待たせ!!朝採りだだちゃ豆 JA鶴岡中央支所 大泉直売所オープン

 鶴岡市白山のJA鶴岡中央支所駐車場の特設テントで22日、「大泉だだちゃ豆直売所」がオープンした。待ちかねたファンが早速訪れ、朝採りの鮮度抜群の枝豆を買い求めていた。  直売所は生産者の女性たちに...

ヒップホップ、ジュエリーで発信 芽室出身アーティスト橋本さん

 芽室町出身のヒップホップアーティスト、橋本悠汰さん(25)が、ジュエリー会社「EmpireHollywood(エンパイアハリウッド)」を開業した。町内のアパレルショップ「doek(ズック)」(東...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク