全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「女神のほほえみ」大収穫祭

稲を刈り取るぐるめいど隊と子どもら=豊橋総合動植物公園で

 豊橋市などの農家がブランド化を目指している豊橋生まれの米「女神のほほえみ」が豊橋総合動植物公園のプランターで実り、9月30日、大収穫祭が行われた。東三河のご当地アイドル「穂の国娘。ぐるめいど隊」と来園者が稲を刈ったほか、新米で作ったおにぎりも配られた。  「女神のほほえみ」は5年前に偶然発見した銀色の芒(のぎ)をきっかけに誕生した。刈り取り時期には、芒が黄金色に変ぼうする。大粒で程良い甘みがあり、炊飯後も劣化しにくく、おにぎりや弁当にもいい。  豊橋のほか、豊川や田原、新城各市の農家計8人が栽培し、年々、生産量が増えている。  今年は知名度をアップするため、市内外から訪れる同公園でプランター栽培にも取り組んでいた。  収穫祭では、稲穂の先端に細長く伸びた芒が銀色に輝き、その後、金色へ変化した様子を写真で紹介。ぐるめいど隊はPRソングを歌って踊り、集まった子どもたちと一緒に頭を垂れた稲穂を刈り取った。  数量限定で「女神のほほえみ」のおにぎり1個が配られ、参加した人たちが味わった。  生産者の会は「銀色から金色への変化を見てもらえたと思う。炊きたてはもちろん、その後も劣化が遅いので冷めてもおいしいですよ」と話していた。  同公園でも1日から、小袋入りの販売が始まった。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク