全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

8月豪雨で陥没 長野県下諏訪町の国道142号 復旧工事進む

幅10メートルにわたり陥没した国道142号の現場。ボーリング調査(写真奥)後、本復旧工事に入る

 今年8月の豪雨災害で道路が陥没し、通行止めが続いている長野県下諏訪町新町上の国道142号の災害復旧工事が11月中旬から進んでいる。これまでに同町が担当する上水道と下水道の移設工事が完了。現在、県はボーリング調査を進めており、調査結果を踏まえて1月中にも陥没した道路の本復旧工事に着手したい考え。

 同事務所によると、国道の陥没は、大久保沢から流れてきた大量の土砂と水で142号と交差する暗渠の入り口部分が詰まり、行き場を失った水が道路内の石積みに浸透して重くなり、暗渠の天井部分が支えきれなくなって抜け落ちたことが原因。陥没は最大幅10メートルほどにわたる。

 復旧工事に伴い、陥没箇所に埋まっていた上水道と下水道の移設をまずは実施。大久保沢上流に上水道と下水道の仮設の配管を迂回させ、上水道は切り替え済み。下水道は年明けに切り替える。上・下水道の工事費は総計約3600万円を予定。

 県の本復旧工事では、現状よりも多くの水を流すことができるボックスカルバート(管路)を新設し、大型ブロックを積み直し、陥没箇所を埋めてアスファルト舗装で車道と歩道を復旧する。来年4月の諏訪大社御柱祭下社山出しまでに歩行者の通行が可能となるよう工事を進めていく。現場上流に新設する土砂止の工事は5月中旬の下社里曳き後に着手し、全体の工事完了は7月上旬になる見通し。総事業費は約1億円。

 工事を担当する県諏訪建設事務所整備第二係は「同じような災害にも耐えうる堅固な構造物を安全に施工していきたい」とした。

 現場近くの空き家を所有する男性は「観光道路でもあるが生活道路なので早く車が通れるようになれば。再び水が出ないよう、しっかりとした工事をしてほしい」と話した。

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク