全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

音楽とイルミネーションで幻想的に【阿寒湖畔】

イルミネーション「天園の森」を楽しむ来場者(19日午後4時30分ごろ)

阿寒湖イルミネーション「天園の森」が19日、釧路市阿寒湖温泉湖畔駐車場横の特設会場で始まった。阿寒の天空をイメージした「色と光と音楽にあふれるウインターガーデン」をテーマとし、約3万個の発光ダイオード(LED)やムービングライトなどイルミネーションが音楽に合わせ、赤、緑、青、白の4色を組み合わせで色彩を変えながら、阿寒湖畔の森を幻想的に彩っている。

 天園の森はNPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構(松岡尚幸理事長)による初の取り組み。高さ3・6㍍、幅6㍍、長さ30㍍のアルミフレームにLEDなどを取り付けた。会場内にはたき火を楽しめ、温かい飲み物を提供する大型テントも設営している。

 同機構では、これまで冬期に阿寒湖氷上でイベントを実施してきたが、結氷時期が遅れたり天候に左右されたりするため、結氷前の時期にデジタル技術を活用した新スタイルのイベントを模索。春から準備を進め9月中旬に開催を決めた。来年2月1日からの「阿寒湖氷上冬華火」会場への導入路として、温泉街と会場を結ぶ役割も担う。

 この日は点灯式が行われ、松岡理事長と孫の沙知さん(9)、沙和さん(7)、沙英ちゃん(5)がボタンを押すと、イルミネーションが音楽とともに輝き、来場した観光客から歓声が湧いた。友人と来場したオホーツク管内遠軽町の教員の20代女性は「自然を生かしたイルミネーションは初めて。音楽とコラボしてきれい」と笑顔を見せた。松岡理事長は「アクティビティーやイベント、施設も含め観光客にいろいろな楽しみを提供したい」と話していた。

 入場無料。イルミネーションは来年3月2日までの午後4時~同10時(たき火のテントは同9時まで)。問い合わせは同機構0154(67)3200へ。

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク