全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

音楽とイルミネーションで幻想的に【阿寒湖畔】

イルミネーション「天園の森」を楽しむ来場者(19日午後4時30分ごろ)

阿寒湖イルミネーション「天園の森」が19日、釧路市阿寒湖温泉湖畔駐車場横の特設会場で始まった。阿寒の天空をイメージした「色と光と音楽にあふれるウインターガーデン」をテーマとし、約3万個の発光ダイオード(LED)やムービングライトなどイルミネーションが音楽に合わせ、赤、緑、青、白の4色を組み合わせで色彩を変えながら、阿寒湖畔の森を幻想的に彩っている。

 天園の森はNPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構(松岡尚幸理事長)による初の取り組み。高さ3・6㍍、幅6㍍、長さ30㍍のアルミフレームにLEDなどを取り付けた。会場内にはたき火を楽しめ、温かい飲み物を提供する大型テントも設営している。

 同機構では、これまで冬期に阿寒湖氷上でイベントを実施してきたが、結氷時期が遅れたり天候に左右されたりするため、結氷前の時期にデジタル技術を活用した新スタイルのイベントを模索。春から準備を進め9月中旬に開催を決めた。来年2月1日からの「阿寒湖氷上冬華火」会場への導入路として、温泉街と会場を結ぶ役割も担う。

 この日は点灯式が行われ、松岡理事長と孫の沙知さん(9)、沙和さん(7)、沙英ちゃん(5)がボタンを押すと、イルミネーションが音楽とともに輝き、来場した観光客から歓声が湧いた。友人と来場したオホーツク管内遠軽町の教員の20代女性は「自然を生かしたイルミネーションは初めて。音楽とコラボしてきれい」と笑顔を見せた。松岡理事長は「アクティビティーやイベント、施設も含め観光客にいろいろな楽しみを提供したい」と話していた。

 入場無料。イルミネーションは来年3月2日までの午後4時~同10時(たき火のテントは同9時まで)。問い合わせは同機構0154(67)3200へ。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク