全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

神楽殿に新調大しめ縄 長野県の諏訪大社下社春宮

新調された長さ6メートル超、重さ約350キロの大しめ縄が春宮神楽殿に設置された

 長野県下諏訪町第一区の若者を中心とした有志でつくる春遊会(中村智彦会長)は19日、諏訪大社下社春宮に新調した大しめ縄を奉納した。諏訪大社御柱祭ごとに取り換えられており、同会が奉納するのは5回目。会員ら約30人が作業にあたり、神楽殿に真新しい大しめ縄を慎重に取り付けた。

 以前は同区内の中高年有志でつくる「浮島会」が製作を担っていたが、1997年から春遊会が引き継いだ。使用するわらを会員が確保し、出雲大社(島根県)と基本的に同じ作り方で製作している。

 今年の製作は、春宮駐車場の一角に設置した作業テントで実施。10月31日から本格的に開始し、毎日曜に作業した。わらを「むしろ」で包み込んだ直径約40センチの「芯」2本を作ってより合わせ、三角すいに整えられた房3本を等間隔で取り付け、長さ約6.3メートル、最大直径約90センチ、重さ約350キロの大しめ縄が完成。稲わらは約700束使用した。

 大しめ縄は、作業テントで最後の化粧をした後、境内に運び込み、重機を使って釣り上げ、左右の高さをそろえながら太い針金で神楽殿の軒下に固定。最後にけば立ったわらを取り除き、作業は終了した。同日、春宮鳥居のしめ縄も新調したものに取り換えた。

 中村会長(46)は「みんなの力を結集した結果、満足のいく大しめ縄が完成したと思う。地元有志で作られていることも知ってもらいたい」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク