全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高OBで編集局(現新聞局)の局長を務めていた。現物を手にした現役局員2人はニュースの豊富さや質の高さなどに驚きの声を上げた。

1959年に発行された苫小牧東高新聞にくぎ付けの現役新聞局員

 新聞は、ブランケット判1色刷り4ページ。今年8月、斉藤さんの遺品整理中に見つかったという。

 1面は文化祭が盛況に終わったことを伝える記事がトップで、生徒会長による下半期の生徒会方針の演説も大きく扱っている。

 他の面にはスポーツ部の活躍や修学旅行のルポ、教諭の紹介、高校生の就職事情の記事などが盛り込まれ、文芸欄もある。かつて存在した鶴丸デパートの8周年セールや旭館などの映画広告が掲載されていることも興味深い。

 現在、清水町にある東高は当時、旧東町(現若草町)にありその頃、編集局員は10人。局員の一人として広告集めに奔走し、修学旅行のルポも執筆した斉藤さんの妻啓子さん(79)は、新聞を手に「街に活気があり、どの店も学生のすることを応援してくれた」と懐かしむ。印刷は王子町にあった印刷所に依頼。局員が植字作業に立ち会い、「出来上がっていくのが楽しみだった」と言う。

 市美術博物館や市立中央図書館は学生新聞を所蔵しておらず、同博物館館長の武田正哉さん(60)は「きれいな状態で保存されており貴重」と強調。自身も同校OBで「ジャーナリズム精神の高さは内外に知られていた」と振り返る。

 2年の副部長八木橋幸汰さん(16)は「文字の多さ、内容の濃さに驚かされた。広告も充実しており、市販されている新聞と遜色ないのでは」と興味津々。1年生局員の今井嵩人さん(16)も「製作に懸ける強い信念を感じ、後輩として誇らしい」と述べた。

 苫東高新聞は、4月23日付の新任教諭8人を紹介した733号(A4判2ページ)が最新。新型コロナウイルスの影響で部活動が制限され、今年の発行は本号のみで、昨年も4回にとどまった。

 コラム「風の中」は、最新号でも同じ文字数で続いており、2人は「60年以上前からの伝統が受け継がれている」と感慨深げな表情で目を見合わせた。

 そんな2人の様子を眺めていた同校の教諭で新聞局顧問の丹羽雅樹さん(58)は「先輩たちの情熱を吸収し、これからの紙面づくりに生かしてもらえたら」と期待を込めた。

 局員は現在1、2年合わせて5人。来年の卒業号、入学号の製作準備を進めている。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク