全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らしの充実なども含めたコミュニティーづくりで果たす役割に着目し、地域交通の新たな可能性を探る。十勝バス(帯広市、野村文吾社長)が市内大空地区で進めている地域活性化の取り組みも、モデルケースとして研究していく。

5日に運行が始まった十勝バスのマルシェバス。バスの車両内に食品や日用品などさまざまな商品が並ぶ

 地域交通をめぐっては、従来の人口減少に加えて、新型コロナの影響で利用が減少し、同省は「路線の廃止・撤退が雪崩を打つ交通崩壊が起きかねない状況」と危惧している。研究会では、地域交通の存続に向け、介護や教育、商業施設などの他分野も含めた多様な関係者による共創を通じ、地域コミュニティーにおける新たな役割の可能性を探る。

 十勝バスは新型コロナによる減収を受け、収益の多角化を進めている。高齢化が進む一方、子育て世代も増えている市内大空地区に着目して経営資源を集中的に投入。「大空ミクロ戦略」として、現在はデマンドバスや宅配、焼き肉店事業などに取り組んでいる。5日からは、食品などを載せたマルシェバスの運行も始めた。同地区の地域活性化と自社の収益確保により、路線維持など交通事業の継続にもつなげていく狙い。

 国交省は同社の取り組みについて、「介護サービスなども含め、いろいろなジャンルで連携したコミュニティーづくりを行っている。研究会で目指そうとする姿を先進的にやっている例」とし、今後の研究材料とする予定。十勝バスの野村社長は「国も同じような考えを持っていることが分かった。このチャンスを生かしていきたい」と話している。

 研究会は同省地域交通課が主導し、交通やまちづくりなどに携わる有識者で構成し、11月2日に初会合を開いた。来年3月に中間整理を公表する。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク