全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

能代山本でご当地グルメ「かましメシ」新メニュー完成

かましメシの新メニューを完成させた能代山本の7店舗

 あきた白神ツーリズム(広幡信悦代表理事)が推進している能代山本のご当地グルメ「かましメシ」の新メニューが完成した。7日には、能代市海詠坂の能代山本広域交流センターでお披露目会が開かれた。新規参加の3店舗のかましメシ3品と、既存の4店舗が手掛けた「ちょいかまし」4品を紹介。参加者が各メニューのおいしさに感嘆の声を上げ、今後もかましメシを通じて飲食店や地域が活性化することを願った。

 かましメシは「県産ネギを共通食材に、地元食材を4品以上使う」ことや「2回以上、味と食感の変化(味変)がある」ことがルールで、能代山本6店舗で昨年12月18日に発売。先月末までに1600食以上注文され、同市開催の県種苗交換会などでも完売する人気を見せた。  同ツーリズムは、さらにかましメシを地域内外で普及させるため新規店舗を開拓。koikoi食堂(道の駅ふたつい内)、さくら亭(能代市浅内)、居食屋七菜(同市畠町)の3店舗が新たに参加してかましメシを完成させた。
 また、カフェ岳(藤里町粕毛)、鉄板空間縁(同市柳町)、酒食彩宴粋(同市東町)、レストランきらめき(三種町大口、ゆめろん内)の既存の4店舗が検討を重ね、新たに「ちょいかまし」を仕上げた。地元食材を使い、1回以上の味変を楽しめることを統一ルールとしている。
 7日は能代山本の市町や観光協会、県山本地域振興局など約20人が参加し完成お披露目会を開催。各店がメニューを紹介した後、参加者が7品を一つずつ試食した。
 鶴形牛をぜいたくに使用したローストビーフ丼を特製タレで味変させたり、なべや製麺(同市落合)の「ノシロチーネ」をまぜそばに仕上げたりと、どれも地場産食材へのこだわりや工夫、高い調理技術を感じさせ、参加者は「うまい」「味変が楽しいね」と絶賛しながら味わった。
 かましメシ提供店はこれで6店舗から9店舗に増加。同ツーリズムの兜森嘉治隆事務局長は「かましメシは一定の評価を得ている。もっと浸透させ、飲食店や地域の盛り上げにつなげていきたい」と話した。
 各店のメニューと発売日は次の通り。価格は税込み。
【新規3店舗のかましメシ】▽koikoi食堂「鶴形牛霜降りロースのローストビーフ丼」(1650円)=来年1月8日発売▽さくら亭「三種の宝 ほてい丼」(1100円)=来年1月4日発売▽居食屋七菜「白神ネギチャーシュー丼チーネ」(1千円)=今月13日発売
【既存4店舗のちょいかまし※すべて13日発売】▽レストランきらめき「旨馬ステーキ」(3500円)▽カフェ岳「プルドポークサラダ」(950円)▽鉄板空間縁「豚なんこつのつくね鉄板焼き」(858円)▽酒食彩宴粋「白神かまチーネ」(935円)

関連記事

長野日報社

寒さもうなぎで乗り切る 岡谷市発祥「寒の土用丑の日」近づく 長野県

長野県岡谷市発祥の「寒の土用丑の日」(24日)を控え、市内のうなぎ料理店や川魚店からは、かば焼きの甘い香りが漂っている。長引く新型コロナウイルス感染症の影響で店側には厳しい状況が続くが、関係者は...

荘内日報社

冬ごっつぉ 山海の幸ふんだんに 「温海旬御膳」来月28日まで 8店舗オリジナル..

 冬の日本海で捕れた旬の幸の料理や温泉入浴など、鶴岡市温海地域の魅力を堪能できるキャンペーン「温海旬御膳~冬のごっつぉめぐり~」が14日から始まった。来月28日まで、同地域の旅館や飲食店8店舗でそれぞれ...

荘内日報社

鳥海山のライス型 ジオパーク発信 光陵高生製作 「遊佐カレー」盛り付けに

 鳥海山の山容を立体的に模したご飯に風味豊かなルーを合わせ、遊佐町特産のパプリカなどをトッピングして仕上げる「遊佐カレー」のご飯を、簡単きれいに盛り付けることができる「鳥海山型ライス型」を県立酒田...

荘内日報社

若者の感性でラベルデザイン 清酒「清泉川」のオードヴィ庄内が純米酒2種発売 ..

雪若丸の特長生かし 粒立ち良さ立体的に  清酒「清泉川」のオードヴィ庄内(酒田市浜中、佐藤晴之社長)は今春、県産ブランド米「雪若丸」で醸造した初搾り純米酒「オードヴィヌーボー」2種を一般発売する。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク