全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッピング 冬の魅力再発見

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。

玉川寺の庭園を幻想的に演出したプロジェクションマッピング

 冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップして企画した。同寺の国指定名勝庭園と光の芸術のコントラストを楽しみ、新たな魅力を見つけてもらう。一般に参加を募集したところ、両日(計200人)とも定員の100人に達した。

 参加者は抹茶をたしなみながら庭園に映し出されたプロジェクションマッピングを鑑賞。「きれい」と感嘆の声を上げながらスマートフォンで撮影していた。初日のこの日は雪が降りしきる天候となり、プロジェクターで写し出された赤や青、緑、黄色などの色が雪に反射するように幻想的な世界を演出していた。

 制作を担当したのは酒田市上安町二丁目の「AddWill」(武田悠社長)。何度か庭園に足を運び約1カ月かけて春の芽吹き、ホタルの乱舞、夜空に打ち上がる花火、もえる紅葉とたき火、りんとした冬の風景など庄内の四季の移ろいを表現したという。

 県庄内総合支庁の担当者は「プロジェクションマッピングは初の試み。参加者のアンケートを取りながら今後、新たな観光スポットでも行えないか検討していきたい」と話していた。

関連記事

漂着ごみはどこから 離島ターミナルで企画展 27日まで

 ユーグレナ石垣港離島ターミナルで開催中の海洋漂着物企画「漂着ごみはどこから来るの?」(環境省石垣保護官事務所主催)の展示会が27日までとなっている。  同展示会は、八重山の海岸に滞留している...

荘内日報社

「紅花の守人」「丸八やたら漬」 映画撮影の思い 鶴岡まちキネ 佐藤監督と髙..

 山形県を舞台にしたドキュメンタリー映画「紅花の守人(もりびと)」と「丸八やたら漬 Komian」を上映中の鶴岡まちなかキネマで15日、両作品の監督・佐藤広一(こういち)さん(44)=天童市在住=とプ...

八重山古典民謡保存会 2年ぶり新春演奏会 45周年へ心一つに

 八重山古典民謡保存会(大浜修会長)の新春演奏会が16日夕、大川公民館で開かれ、会員25人余りが鷲ぬ鳥節や目出度節など全14曲を披露した。演奏会は2年ぶり。新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮...

荘内日報社

庄内町地酒消費拡大キャンペーン プレミアム付き購入券発行へ 2月1日から町..

 庄内町観光協会は11日、「庄内町地酒消費拡大キャンペーン」と銘打ち、同町内の酒蔵「鯉川酒造」と「やまと桜」が製造する地酒をお得に購入できる「プレミアム付き地酒購入券」の発行を発表した。購入券は町内1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク