全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

「木熟みかん」を一つずつ丁寧に収穫する農家(和歌山県上富田町岡で)

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出荷している。JAによると、夏に好天が続き、秋以降も雨が少なく、糖度も上がって品質は良いという。農家には「今年の出来具合は最高」という声もある。収穫は来年2月末ごろまで続く。

 糖度が高いものから「木熟201」「極天」「天」、それ以外は通常の木熟ミカンとして、ランク分けして販売している。
 JAでは総合選果場(和歌山県田辺市下三栖)で光センサー選果機によって傷や腐敗などを判別し、品質や大きさ別に箱詰めして出荷する。人の目でも品質を確認し、高品質なミカンの出荷に努めている。
 主に東北、関東、京阪神市場に出荷するほか、地元スーパーなどでも販売している。
 本格的な市場出荷は11月30日から始まった。糖度の高いミカンができていることから、今季の販売計画数量は昨季比120%の1600トンとし、市場価格は通常の木熟みかんで1キロ当たり280円、「天」で1キロ当たり500円を目標にしている。
 和歌山県上富田町岡、同JAみかん部会長の前田泰輔さん(49)は約1・5ヘクタールで木熟ミカンを栽培しており、11月末から収穫を始めた。12月末か来年1月上旬ごろまで続く見込み。
 園地になっている実を食べて味が出荷できる良い状態に仕上がっているか確認した上で、収穫しているという。
 前田さんは「今年は8月に一時、雨が多かったので心配したが、秋以降は晴天が続き、糖度が高まり、どの園地の実を食べてもおいしい。品質には自信を持っているが、あとは新型コロナが消費にどう影響するか心配している。近年では最高の出来なので、ぜひ、皆さんに食べていただきたい」と話す。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク