全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

伝統芸能情感豊かに上演 長野県箕輪町の古田人形芝居公演

定期公演で「生写朝顔話」を上演する箕輪中学校古田人形部の生徒

 長野県選択無形民俗文化財に指定されている箕輪町の古田人形芝居の今年度定期公演(町教育委員会主催)が4日、町文化センターであった。古田人形芝居保存会と箕輪西小学校古田人形クラブ、箕輪中学校古田人形部が地域に伝わる人形芝居を情感豊かに演じ、観衆約220人を魅了した。

 同保存会は、江戸時代中期から続く伝統芸能を次代へつなごう-と、箕輪西小や箕輪中で指導。1989年から定期公演を企画するなどし、普及活動に努めている。昨年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で中止したため、2年ぶりの開催となった。

 箕輪中古田人形部の生徒27人は、すれ違う男女の悲恋を描いた「生写朝顔話~宿屋の段」を上演した。メンバーは、太夫の語りや三味線に合わせて3人一組で人形を操り、盲目の旅芸人となった女が琴を爪弾く場面や、恋人を必死になって追いかける場面などを巧みに表現した。

 このほか、箕輪西小古田人形クラブが「傾城阿波の鳴門~順礼歌の段(現代語)」、保存会が「三番叟」と「壺坂霊験記~沢市内の段」を披露した。

 保存会の柴登巳夫会長代行は「子どもたちは、コロナ禍の影響で稽古が例年の半分の時間しか確保できない中でも頑張ってくれた。伝統芸能を伝承するには厳しい環境になったが、今後も普及活動に取り組みたい」と話した。

関連記事

漂着ごみはどこから 離島ターミナルで企画展 27日まで

 ユーグレナ石垣港離島ターミナルで開催中の海洋漂着物企画「漂着ごみはどこから来るの?」(環境省石垣保護官事務所主催)の展示会が27日までとなっている。  同展示会は、八重山の海岸に滞留している...

荘内日報社

「紅花の守人」「丸八やたら漬」 映画撮影の思い 鶴岡まちキネ 佐藤監督と髙..

 山形県を舞台にしたドキュメンタリー映画「紅花の守人(もりびと)」と「丸八やたら漬 Komian」を上映中の鶴岡まちなかキネマで15日、両作品の監督・佐藤広一(こういち)さん(44)=天童市在住=とプ...

八重山古典民謡保存会 2年ぶり新春演奏会 45周年へ心一つに

 八重山古典民謡保存会(大浜修会長)の新春演奏会が16日夕、大川公民館で開かれ、会員25人余りが鷲ぬ鳥節や目出度節など全14曲を披露した。演奏会は2年ぶり。新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮...

荘内日報社

庄内町地酒消費拡大キャンペーン プレミアム付き購入券発行へ 2月1日から町..

 庄内町観光協会は11日、「庄内町地酒消費拡大キャンペーン」と銘打ち、同町内の酒蔵「鯉川酒造」と「やまと桜」が製造する地酒をお得に購入できる「プレミアム付き地酒購入券」の発行を発表した。購入券は町内1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク