全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」でコーヒーをいれる荒川じんぺいさん

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポットの旗を立て、音楽を流しながら営業。コロナ禍で減った人との出会いを求めて、新しい人生へと走り出している。

栃木県に生まれた荒川さんは中学卒業後に上京。雑誌の挿画や文芸誌のアートディレクターを務めた後、装丁家として活動を始め、これまで2500冊以上を担当した。1990年に創作の場を八ケ岳南麓の山荘に。2007年からは旧富士見高原療養所資料館の館長も務め、19年に退任した。

コロナ禍で誰とも会わない日々が続いたのを機に、一念発起して車の改造に着手。保健所の許可を取得し、今年8月に開店した。店名は山や森に出掛けて湧き水でお茶を飲んだ体験にちなんで付けた。   用意したのはコーヒーと紅茶の5種類で、こだわりは豆とお湯の温度。専門家に焙煎してもらった豆に、沸騰させたお湯を少し冷ましてから注ぐ。「香り高く、すっきりした味わいで雑味や苦みがないのが特徴」と話す。

「利益よりも会話をしたい」との思いで始めたコーヒー店で、「今までの仕事では関わらなかった人に出会えた」と荒川さん。寒くなるこれからの季節は「お天気次第かな」と話しつつも、「雪景色を見ながら飲むのもおつなものでは」と意欲をみせる。

営業は火曜日がゆめひろば富士見、水、土曜日が井戸尻史跡公園、木曜日がテンホウ茅野豊平店、日曜日が山梨県北杜市そば処三分一で午前11時~午後4時。悪天候の日は休み。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク