全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

新品のテナーサックスを前に、感謝状を手にする山田社長(左)と米沢市長

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約800万円分の楽器を寄付した。創立90周年事業として、高額で市の予算が付きにくい楽器をそろえた。

 同社が寄付したのは、ホルン、チューバ、バリトンサックスなど14台。市教委が吹奏楽部のある中学校10校に聞き取り調査を行い、更新の緊急性が高い6校(第一中、第二中、第八中、大空中、南町中、西陵中)に配分した。

 創立90周年を期に市への恩返しを考えていたところ、市内中学校の楽器が近隣自治体と比べても老朽化していることを10月の十勝毎日新聞の記事で知ったという。同じく記事を見た市内のすしの久田も創業50周年事業として、6日にトロンボーンなど計5台(計約100万円)を中学校4校に贈る。

 2日に市役所で開かれた山田機械工業の贈呈式では、7月に社長に就任した山田社長が「企業へのあいさつ回りで、人手不足の声をよく聞いた。地域の若い人たちに響く活動をしたかった」と説明。米沢則寿市長は「楽器は値が張る上、一つの部活動にたくさんの予算を持っていきづらい。われわれもやりきれなさを抱えながら予算を議論してきた」と述べ、「立派な楽器をいただき、本当にありがたい。不公平感なく配分できたのは良かった」と感謝した。

 同席した西陵中の福田茂校長は「新しい楽器で、吹奏楽部員たちはさらに上を目指せる」と話した。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク