全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

県内初となる越前こま犬が見つかる 宇部市の西宮八幡宮

越前こま犬の調査をする川野教授(手前)と藤井代表(西宮八幡宮社務所で)

 宇部市上条3丁目の西宮八幡宮(野村清風宮司)で、県内初となる越前こま犬が見つかった。これまで島根県益田市内の神社にある越前こま犬が最西端とみられていたが、分布が広がった。     県内のこま犬を調査し魅力を発信している山口狛犬学会の藤井克浩代表と、国内外のこま犬に詳しい明治大法学部の川野明正教授が2日に現地で調査し、確認した。     越前こま犬は、おかっぱ状のたてがみが広く一直線に垂れ下がっており、雄々しい表情が特徴。福井市の足羽山(あすわやま)で採掘された笏谷石(しゃくだにいし)で製作されたものが多い。16世紀前半から19世紀に多く作られ、日本海側の神社で存在が確認されている。     同宮の越前こま犬は、神殿用のもので高さは約37センチ、台座の幅は約28センチ。江戸時代に日本海を回っていた商船群「北前船」によって運ばれたとみられる。いつごろ奉納されたかは不明で、長らく本殿に置かれており、一時期は屋外に出されていた。たまたま同宮を訪れた同学会の会員が見つけたという。     こま犬の調査は社務所で行われ、藤井代表と川野教授が寸法や牙(きば)の付き方、彫り方などを細かくチェック。歯ブラシでほこりを払ったり、記録写真を撮ったりもした。最終的に笏谷石で作られた越前こま犬で間違いないと結論付けた。     川野教授は「宇部での発見により分布の限界点が広がった。保存状態も良く、越前こま犬特有の表情もはっきりしている」、藤井代表は「県内には各地からもたらされたこま犬があり、個性もさまざま。さらに面白味が深まった」と述べた。     調査を見守った同宮禰宜(ねぎ)の野村敦さんは「非常に感激している。宇部の物流、信仰の歴史から見ても大発見だと言える。こま犬は本来の役割通り、祭神の前に置こうと思う」と話した。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク