全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」 山大農で講演会 現状認識し課題探る

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。

女性農業者を交えたワークショップ

 あぐっとは、農林水産省が推進する県内の農業女子プロジェクトのメンバーを中心に運営しており、会員は約50人。会員同士の情報共有や、若い女性の就農を支援する活動を行っている。

 この日は、真室川町で夫婦で農業を営む、最上真室川新田農園の新田祥子さん(42)が「私の経営の目標とあぐっとに入って」と題して講演した。

 農家に生まれた新田さんは「小さい頃から当たり前にあった田んぼや畑を無くしたくない」との思いで夫と共に家業を継ぎ、2019年に法人化。育児や経営の面などでさまざまな悩みを抱えたが、あぐっとに入会し、県内の女性トップランナーや新規就農者たちと交流することで多くの刺激を受けた。「人を生かす食物を作る農業を絶やしたくないという目標が見つかった」とし、「農業は孤独にやろうとすればいくらでも自己完結できるが、多くの女性農家とつながれたあぐっとに感謝している」と語った。

 その後、学生たちは8グループに分かれ、あぐっとのメンバーと共にワークショップを実施。農業に関する将来の目標やその課題、解決法などを話し合った。▽質にこだわった有機栽培の野菜をブランド化して売りたい▽観光果樹園を経営したい▽公務員として働きながら農業を兼業したい―などの意見が挙がり、あぐっとのメンバーと実現方法などを議論した。

 2年の岡本真月理さん(20)は「女性農業者の生の意見を聞いてみて、普段の講義では分からない問題点や難しさが知れて良かった」と話した。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク