全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

特急あずさ55周年でスタンプラリー 長野県上諏訪駅は独自の台紙3種類

「あずさ」55周年を記念して駅員が手作りした上諏訪駅オリジナルスタンプ台紙

 長野県諏訪地方と首都圏を結ぶJR中央線の特急「あずさ」号が今月12日に運行開始55周年を迎える。東日本旅客鉄道は1日から主要各駅でオリジナルスタンプのラリーやグッズ販売などのイベントを催す。JR上諏訪駅(諏訪市)では独自の記念スタンプ台紙3種類を手作りした。利用客に配り、「記念の節目を地域の皆さんに一緒に盛り上げてもらえたら」(大久保幸司助役)としている。26日まで。

 イベントの目玉は初期の「181系」から最新の「E353系」まで、歴代「あずさ」の車体をモチーフにした期間限定の特製スタンプ6種類を集めて巡るラリー。上諏訪、松本、甲府など沿線6駅に1種類ずつ置き、有料の専用台紙(330円)に全種類を集めると八王子駅で達成記念印がもらえる。上諏訪駅に置くのはベージュに赤色のラインが特徴の「183系」のスタンプ。同車両は歴代最長の1972―2002年の30年間走り続けた。

 独自の台紙を作ったのは沿線駅で唯一。B6サイズで、2種類は上諏訪駅で撮影の「あずさ」と駅名物の足湯、看板商品の温泉卵などの写真を配したデザイン。1種類は駅員が考案した戦隊ヒーローのイラストで歴代「あずさ」の車体デザインをまとっている。作者の村上直樹さん(34)は「子どもたちにとって『あずさ』がかっこいい存在であり続けてほしい」と話す。

 大久保助役は「上諏訪駅は特急開業当初からの停車駅で、日本の成長とともに歩んできた『あずさ』の歴史は諏訪の歴史でもある。記念スタンプで懐かしさを感じてもらえたら」とし、「県内移動にも気軽に乗ってほしい」と利用促進に期待を込めている。  開業記念日の12日には下り線の到着を職員皆で歓迎する計画。松本駅では11日から記念の写真展を構内で開く。

 このほか、新宿駅を中心にオリジナルの菓子や弁当、ピンバッジの販売、スマートフォンのアプリを使ったデジタル観光ツアーの配信などもある。

関連記事

漂着ごみはどこから 離島ターミナルで企画展 27日まで

 ユーグレナ石垣港離島ターミナルで開催中の海洋漂着物企画「漂着ごみはどこから来るの?」(環境省石垣保護官事務所主催)の展示会が27日までとなっている。  同展示会は、八重山の海岸に滞留している...

荘内日報社

「紅花の守人」「丸八やたら漬」 映画撮影の思い 鶴岡まちキネ 佐藤監督と髙..

 山形県を舞台にしたドキュメンタリー映画「紅花の守人(もりびと)」と「丸八やたら漬 Komian」を上映中の鶴岡まちなかキネマで15日、両作品の監督・佐藤広一(こういち)さん(44)=天童市在住=とプ...

八重山古典民謡保存会 2年ぶり新春演奏会 45周年へ心一つに

 八重山古典民謡保存会(大浜修会長)の新春演奏会が16日夕、大川公民館で開かれ、会員25人余りが鷲ぬ鳥節や目出度節など全14曲を披露した。演奏会は2年ぶり。新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮...

荘内日報社

庄内町地酒消費拡大キャンペーン プレミアム付き購入券発行へ 2月1日から町..

 庄内町観光協会は11日、「庄内町地酒消費拡大キャンペーン」と銘打ち、同町内の酒蔵「鯉川酒造」と「やまと桜」が製造する地酒をお得に購入できる「プレミアム付き地酒購入券」の発行を発表した。購入券は町内1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク