全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動 宇部市内でイベント

 まちじゅうエヴァンゲリオンの企画を説明する篠崎市長(JR宇部新川駅で)  

 「まちじゅうエヴァンゲリオン」発動―宇部市の篠崎圭二市長は29日、市出身の庵野秀明さんが総監督を務めた映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に登場する舞台のモデルの一つとなったJR宇部新川駅で記者会見し、市制施行100周年記念として12月24日から来年5月8日にかけて、エヴァンゲリオンに関連した四つの企画を実施することを発表した。     スマホスタンプラリーは12月24日から3月22日まで実施。宇部新川駅や宇部駅などJR宇部線と小野田線の駅やときわミュージアム、大型商業施設など10カ所に掲示されたポスターを、専用アプリをダウンロードしたスマホで読み取り、計16ポイントを集めたら豪華景品が当たる抽選に応募できる。景品はアヤナミレイのフィギュアと初号機のUSBハブが各1人、宇部新川駅の駅名標と同映画のポスターが表裏にプリントされた非売品のキーホルダーが700人など計732人分を用意している。     市とJR西日本が、エヴァンゲリオンをデザインした直径8センチの駅スタンプを共同制作。12月24日から、2種類のオリジナル台紙とともに宇部新川駅に設置する。JRの乗車券や入場券は、使用済みスタンプを押印すれば持ち帰ることができ、台紙に貼ればより良い記念になる。スタンプの設置時間は毎日午前7時半から午後7時半まで。     3月12日からは、ときわミュージアムイベントホールで海洋堂フィギュアミュージアム黒壁と連携した展示会を行う。ジオラマ30点の他、ヒューマンスケールのフィギュアを飾る。入場料200円。高校生以下無料。5月8日まで。開館時間は午前9時半~午後5時。火曜日休館。また同じ期間、市内の飲食店で、地元食材を使用し、キャラクターなどを連想させるエヴァンゲリオンメニューを提供するグルメフェアも開催する。現在、参加店舗の募集を行っている。     篠崎市長は「劇場版の興行収入100億円突破と市制100周年を併せて記念し、庵野作品の一つであるエヴァンゲリオンに関連したさまざまな企画イベントを実施する。市への関心は高まっており、交流人口の拡大につなげていきたい」と語った。     同駅には、映画が公開された今年の3月8日から5月の大型連休まで、聖地巡礼で訪れる人が急増。毎月10枚程度だった入場券の販売数はこの期間、1カ月平均1500枚以上という反響ぶりだった。桑崎伸彦駅長は「県外から来た人もおり、エヴァンゲリオンの効果ではないかと思う。ホームのベンチで記念撮影する人などが多かった」と話した。   

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク