全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

秋空に花火1万発開く 奄美大島 島民慰労の同時打ち上げ

島民へのエールを込めて打ち上げられた約2000発の花火=27日、奄美市名瀬

 鹿児島県の奄美大島5市町村は27日、島内12カ所で一斉に花火を打ち上げた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった夏祭りの代替イベント。島の秋空に約1万2800発の光の輪が幾度も輝き、見上げる人々の顔を明るく照らした。

 イベントは「5市町村連携花火」と銘打ち、コロナ禍で苦境が続く島民への慰労や医療従事者に対する感謝、世界自然遺産登録祝賀の意味を込めた。

 会場数は奄美市3、大和村1、宇検村4、瀬戸内町2、龍郷町2の計12カ所。会場を分散したのは密集を避けることが狙いだが、焼内湾沿いに宇検、湯湾、名柄、平田の4集落で約400発ずつ打ち上げた宇検村では、日ごろ夏祭り会場へ足を運ぶ機会の少ない人々も楽しめるイベントになった。

大島海峡を鮮やかに彩った花火=27日、瀬戸内町古仁屋

 瀬戸内町は奄美大島側の古仁屋港、加計呂麻島側の瀬相港で同時開催。大島海峡を挟んだ2会場から計2700発が次々と上がり、夜空で〝光の競演〟が繰り広げられた。古仁屋の港や海沿いの公園には家族連れやカップルなどの姿が見られ、花火が始まるとあちこちで歓声が上がった。

 加計呂麻島から家族4人で訪れた諸鈍小2年の吉川海馳君(7)は「今まで見た中で一番きれいだった」と笑顔。今日が誕生日という父親の満盛さん(43)は「家族で食事をして花火を見て、とてもいい思い出になった」と話した。

 奄美市名瀬では名瀬港で行われた。市主催の花火大会は2年ぶり。市紬観光課によると、例年なら1時間かけて打ち上げる内容を今年は15分間に凝縮した。午後7時半に始まると、約2000発が名瀬湾上空を色鮮やかに染め上げ、湾沿いで見守る見物客を楽しませた。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク