全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

世界遺産「白神山地」 入山の規制緩和求め要望書

提案書の内容を説明する佐藤さん(右、県庁で)

 東北地方で自然保護活動に取り組む市民団体「白神逍遥(しょうよう)の会」などは29日、世界自然遺産・白神山地の核心地域(本県側)の入山規制の見直しを求める提案書を林野庁東北森林管理局(秋田市)と県自然保護課に提出した。核心地域は本県側が「原則入山禁止」、青森県側が「指定ルートを設定した届出制入山」と県境で違いが生じている。入山禁止の見直しが必要とする同会代表の佐藤昌明さん(66)=仙台市=は「このままでは核心地域の中を知る人の世代交代ができず、保護への気持ちもなくなってしまう」と語った。

 白神山地は、原生的なブナ林の保存状態などが高く評価され、平成5年12月に屋久島(鹿児島県)とともに日本で初めての世界自然遺産に登録。秋田、青森両県にまたがる遺産地域1万6971㌶(うち本県側4344㌶)のうち、核心地域が1万139㌶(同2466㌶)、核心地域を取り囲む緩衝地域が6832㌶(同1878㌶)。
 本県側の核心地域は、原生的環境への影響を防ぐため登山目的での入山が原則禁止されており、学術研究などの入山は国の許可を得る必要がある。一方、青森県側での登山による入山は「指定ルート」で届け出を行った上で可能。入山をめぐる対応は両県で違いがあり、これまでも自然保護団体を巻き込んだ論争となっていた。
 提案書は、白神逍遥の会と、弘前市で自然保護に取り組む2団体の共同で提出。逍遥の会代表の佐藤さんは、今年3月まで河北新報社(本社・仙台市)の記者だった。青森県での勤務時から白神山地を取材してきたという。
 佐藤さんは「青森と秋田で管理の仕方が異なるのはいびつな状況と言える」と指摘。本県側の入山規制により「核心地域の中を知る人がいなくなれば、遭難事故が発生した場合の対応が難しいといった問題が生じる」と話し、原則入山禁止の措置を長く取り続けることで、核心地域を知る人がいなくなるのは、白神山地の保全面でも問題であるとした。
 また、都市部の山岳愛好者などには「白神山地全体で入山が規制されているような誤解を与えてしまう。青森県側と同じ『届出制』に移行する時期ではないか」と今回の提案に至った理由を説明。
 同管理局と県庁を訪れ、それぞれ担当者に提案書を提出した。佐藤さんは、国や秋田、青森県などが白神山地の保全管理の在り方を協議する「世界遺産地域連絡会議」での検討を求めた。県自然保護課の澤田智志課長は「関係機関と連携して対応していく」と応じた。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク