全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

人気のかりんシロップ漬けの製造が始まった原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日から出荷を始め、初旬ごろから店頭に並ぶ予定。果実の甘酸っぱい風味が楽しめる。

同社はかりん並木と上伊那地方から仕入れたマルメロを原料に毎年この時期に同商品を製造している。今年は約4トンを仕入れ、このうち2トンほどをシロップ漬けにする。種を取り、実を薄切りにして1週間ほどシロップに漬けた後、瓶に詰め、シロップを浸し、ふたを閉めて殺菌処理する。29日は漬け込んだかりんを瓶詰めした。今年は収穫量こそ少なかったが、作柄は良いという。同商品はかりんエキスが喉に良いと人気で土産物店や食品スーパーの「Aコープ」などで販売されるほか、同社でも工場直販する。

工場では作業員たちが作業を分担しながら手際よく瓶詰めを進めていた。シロップ漬けの作業が始まると、冬の訪れを感じるという原田社長(29)は「県内産の素材にこだわり、品質の良い物を作り続けてきた。毎年この時期になると、シロップ漬けの注文も増えてくる。多くの皆さんに届けたい」と話していた。

販売価格は410グラム入りが1080円、140グラム入りが540円(ともに税込み)。問い合わせは同社(電話0266・58・2525)へ。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク