全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束も願い

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。

掛け声を合わせて勢いよく綱打ちする東荒川綱有志会のメンバー

 例年、12月31日から1月1日にかけて行われる松例祭(国の重要無形民俗文化財)は疫病をもたらすツツガムシに見立てたわらを燃やす勇壮な火祭り。五穀豊穣と無病息災を祈願する。

 羽黒町の東荒川、山荒川、美星野(みほしの)地区の住民で組織する「東荒川綱有志会」(丸山元一会長)では毎年、松例祭のツツガムシに巻く「追い廻し」を作って奉納している。

 この日は有志会のメンバー11人が参加。加藤さん方の倉庫に集まり、午前9時前から長さ約27メートル、直径約15センチの綱作りを始めた。メンバーは綱に継ぎ足しする「ヨメ」と呼ぶわら作りと、締め上げる綱打ちに分かれて作業を進めた。

 有志会では、綱のわらを調達するため3アールの田んぼで草丈の長い稲を栽培。今年も9月下旬に刈り取り、約2週間の天日干しを経て準備を整えた。

 丸山会長は「毎年、年の瀬を前に行っている初冬の風物詩。例年、わらの重さは計70キロにもなる。五穀豊穣と無病息災のほかに、これ以上、新型コロナウイルスが広がらないことを願いたい」と話していた。

 約6時間に及ぶ作業で完成した「追い廻し」はその日のうちに出羽三山神社に奉納。静かに大みそかを待つ。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク