全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

信州ゆかりの刀剣並ぶ 長野県伊那市高遠町歴史博物館

さまざまな刀剣が並ぶ会場=伊那市高遠町歴史博物館

 伊那市高遠町歴史博物館で、中世の古刀を集めた「信州ゆかりの刀剣展」が開かれている。高遠城などを舞台に、武田信玄の父、信虎の最晩年を描く映画「信虎」の公開を記念して企画。鎌倉から江戸時代初期までに作られた刀剣や槍合わせて8点を飾っている。

 同館の所蔵品をはじめ、映画製作会社の ミヤオビピクチャーズが企画展のために借り受けた脇差しや日本刀などを展示。刀鍛冶や刀の特徴、作品の時代背景も紹介している。

 鎌倉時代の刀匠「真長」の刀は、地元の偉人伊澤修二の弟で政治家の伊澤多喜男が手に入れ、神社に奉納。高遠の刀工が室町時代に制作したとされる刀もあり、連合国軍総司令部(GHQ)によって接収された「赤羽刀」として見つかっている。大きな穂先を持つ槍は、七色に光る螺鈿細工が柄に施され、上級の武士が使用していたことがうかがえる。

 会場には、高遠城にゆかりのある戦国武将として、武田信玄の弟、武田逍遥軒信綱や、城主を務めた武田勝頼の紹介パネルも並ぶ。

 同館は「上伊那地域で信州にゆかりのある刀がそろう企画展は珍しい。刀鍛冶の技術が注ぎ込まれた古刀の精巧な作りを間近で見てもらえたら」と来場を呼び掛けている。

 来年2月20日まで。午前9時~午後5時(最終入館は同4時30分)。月曜日、祝日の翌日は休館。入館料は大人400円、高校生以下と18歳未満は無料。問い合わせは同館(電話0265・94・4444)へ。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

長野日報社

氷瀑、アイスブルー 長野県茅野市の「小斉の湯」

 20日は1年の中で最も寒いとされる「大寒」。茅野市蓼科のビーナスライン沿いにある温泉施設「小斉の湯」の敷地内に今年も、巨大な氷瀑がお目見え。神秘的なアイスブルーの”造形芸術”が、訪れる人の目を楽...

長野日報社

「人生の合格かなえて」 長野県のJR上諏訪駅に応援コーナー

 長野県諏訪観光協会と諏訪市のJR上諏訪駅、仏法紹隆寺は19日、受験合格の願いを「文殊の梶の葉」カードに託して掲げる応援コーナーを同駅構内に設けた。暮らしと観光の玄関口である駅を中心に人と幸運の...

長野日報社

御神渡りへ一進一退 八剱神社、諏訪湖観察 長野県

 20日の「大寒」を前に、御神渡り(御渡り)の出現に向けて一進一退の状況が続いている。今季は19日までに「全面結氷」が6回認定されているが、いずれもその後の強風や雨、日中の高温で氷の状態が悪化。い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク