全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ド・でかキャベツコンテスト

 豊橋市植田町の豊橋青果流通センターで27日、恒例の「ド・でかキャベツコンテスト」が開かれた。地元の農家有志が心を込めて育てた巨大キャベツのサイズを競った。

 農家との交流を目的に開き、今回で14回目。センターを通じて出荷する豊橋や田原の農家のうち、今年はキャベツ農家ら66軒が、特別大きく育って甘みの強い「超大球」の種を受け取りエントリーした。30㌢前後まで成長するが、はぜやすく、大きく育てるのは簡単ではないという。

 コンテストには59軒が出品。審査は直径を優先し、同じサイズの場合は重さで順位を決める。例年、ミカン詰め放題などアトラクションも用意してにぎやかに開くが、新型コロナウイルス感染防止のため昨年同様に無観客開催となった。

 審査の結果、直径41・7㌢、重量8・90㌔を記録した神藤敏彦さんが優勝。2位に伴典俊さん(41・2㌢)、3位に神藤彰茂さん(40・2㌢)が輝いた。いずれも高豊校区。

 豊橋青果流通センターの清川健司社長によると、今年は台風もなく生育が良かったが、暖かい日が続いたため開催日までにはぜてしまったキャベツも多かったという。

関連記事

広尾の移住情報一冊に 協力隊の中村さんが編集し初パンフ

 広尾町は、移住関連情報を掲載したパンフレット「move to PIRUY(ムーヴ・トゥー・ピルイ)」を発行した。広尾の「住まい」「仕事」「食」を紹介、先輩移住者のインタビューも収録している。町は...

長野日報社

三光寺の河津桜 広がる色彩 長野県富士見町

長野県富士見町落合上蔦木の三光寺(川窪俊英住職)で河津桜が見頃を迎え、本堂の南東側の庭に濃いピンク色の花が広がっている。咲き具合は木によって異なり一部は葉桜に変わりつつあるが、今月いっぱいは楽...

清掃活動連続1000日を達成 田中さん「まだまだ拾い続ける」

 「アースクリーン」として2020年7月からボランティア清掃活動を続ける田中秀典さんの連続記録が27日で1000日を迎えた。この日は、午前6時から桃里の海岸を清掃。賛同する仲間たち約40人でビーチクリーンを...

釧路新聞社

在外教育施設派遣の川堰、松下教諭帰国報告【釧路】

  在外教育施設の教員として文部科学省の制度により派遣されていた、台中日本人学校(台湾)の川堰清美教諭(釧路市立鶴野小学校)と、シカゴ日本人学校(アメリカ)の松下美保教諭(同音別小学校)がこのほど...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク