全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「清舞」で濃厚ブドウジュース 新得・共働学舎が新発売

 共働学舎新得農場(町新得9、宮嶋望代表)は25日、十勝ワインの原料にもなっている品種「清舞」のブドウのジュースを発売した。ブドウは同農場が無農薬・無肥料で栽培、圧搾せず自然にしたたる果汁を瓶詰めしている。栽培担当の佐藤里子さんは「栽培途中で実を試食したブドウそのものが凝縮されたようなジュース」と仕上がりを話している。限定120本で、同農場の売店・カフェ「ミンタル」で店頭販売しているほか、同農場オンラインショップで取り扱っている。1本(375ミリリットル入り)2700円。

共働学舎新得農場が発売したぶどうジュース

 ブドウ栽培は、町内で障害者施設が20年前から行っていた。施設が人手不足だったことから、今春から同農場がブドウの木約250本を引き継ぎ、同じ場所で栽培している。

 「清舞」は、池田町が山ブドウと交配した品種。佐藤さんは「ブドウを栽培するのは初めてのことで、障害者施設の人に教わり、勉強会に参加したり、近くでブドウを栽培している人に一つ一つ教わったりした」と話す。

 10月中旬に1房ずつ手作業で収穫し、房ごとに成長が不十分な実を取り除くなどした。今シーズンは650キロを収穫。ジュースへの加工は、ワイナリーを持ちワイン醸造も行っている帯広のあいざわ農園が担った。収穫したブドウのうち、100キロがジュースとなり、550キロはワインの原料となった。

 ジュースは、甘い香りで程よい酸味を感じ、すっきりとした味わい。佐藤さんは「ワインとは逆に、瓶にたまっている澱(おり)も一緒に飲む方がおいしいので、よく振って飲んでほしい」と薦める。

 ラベルは佐藤さんがデザインし、ブドウを版画で表現している。問い合わせは、共働学舎新得農場(0156・69・5600)へ。

関連記事

長野日報社

寒さもうなぎで乗り切る 岡谷市発祥「寒の土用丑の日」近づく 長野県

長野県岡谷市発祥の「寒の土用丑の日」(24日)を控え、市内のうなぎ料理店や川魚店からは、かば焼きの甘い香りが漂っている。長引く新型コロナウイルス感染症の影響で店側には厳しい状況が続くが、関係者は...

荘内日報社

冬ごっつぉ 山海の幸ふんだんに 「温海旬御膳」来月28日まで 8店舗オリジナル..

 冬の日本海で捕れた旬の幸の料理や温泉入浴など、鶴岡市温海地域の魅力を堪能できるキャンペーン「温海旬御膳~冬のごっつぉめぐり~」が14日から始まった。来月28日まで、同地域の旅館や飲食店8店舗でそれぞれ...

荘内日報社

鳥海山のライス型 ジオパーク発信 光陵高生製作 「遊佐カレー」盛り付けに

 鳥海山の山容を立体的に模したご飯に風味豊かなルーを合わせ、遊佐町特産のパプリカなどをトッピングして仕上げる「遊佐カレー」のご飯を、簡単きれいに盛り付けることができる「鳥海山型ライス型」を県立酒田...

荘内日報社

若者の感性でラベルデザイン 清酒「清泉川」のオードヴィ庄内が純米酒2種発売 ..

雪若丸の特長生かし 粒立ち良さ立体的に  清酒「清泉川」のオードヴィ庄内(酒田市浜中、佐藤晴之社長)は今春、県産ブランド米「雪若丸」で醸造した初搾り純米酒「オードヴィヌーボー」2種を一般発売する。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク