全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

カザフスタンの大学生と庄内の高校生 展示に合わせオンライン交流

 22日まで酒田市日吉町二丁目の山王くらぶで開催された、石油や天然ガス、ウランなど豊富な天然資源を有する中央アジア・カザフスタン共和国の文化や風土を紹介する企画展の一環で20日、同国の大学生と庄内地域在住の高校生によるオンライン交流会が行われ、互いに自然や文化などを紹介し合った。

カザフスタンの大学生と交流する庄内地域の生徒たち

 酒田共同火力発電(同市宮海)の千葉秀樹社長は以前、新エネルギー・産業技術総合開発機構による同国での高効率火力発電所建設事業に携わったことがある。この時に築いた人脈を生かして酒田と同国の経済・文化交流を進めようと、前田製管(同市上本町)の前田直之社長ら地元経済界有志と調査団を組織し、2019年秋に同国を訪問。政府高官と懇談するなど、もてなしを受けたという。

 交流に当たり、まずは同国について市民から理解を深めてもらおうと翌年1月、日本に留学中の同国出身女子学生2人を招き、踊りと歌のステージを市交流ひろばで開催。同4月に有志らで山形カザフスタン友好協会(吉高利子会長)を結成した。今年2月には旧マリーン5清水屋を会場に同国を紹介するパネル展を開いた。

 同協会は今回、山王くらぶとともに同国の魅力を市民に伝えようと「カザフスタン展」を企画。期間中のイベントの一つとして異文化への理解を深めてもらおうと、オンライン交流会を実施し、日本側からは酒田南、羽黒両高校の1、2年生11人、カザフスタン側からは国立大日本語学科で学ぶ学生が参加した。

 開始を前に、矢口明子副市長が「市民中心の交流こそ長続きする。これを機に友好が深まることを期待する」とあいさつ。日本の生徒たちは本県や酒田市の概要、鶴岡市の出羽三山や羽黒山伏について紹介。これに対してカザフスタンの学生たちは「首都はヌルスルタンだが、最大の都市は多くの人が知っているアルマトイ。カスピ海、アラル海といった大きな湖がある内陸国」などと述べた。

 カザフスタンの学生から「山形の方言について教えて」という要望があり、日本の生徒たちは「ありがとうは『もっけだの』」「触ることを『ちょす』と言います」と答えた。交流を見守った千葉社長は「面白い取り組み。再度やってほしい」と話した。

 オンライン交流に先立ち、同国出身で現在、東京外国語大に留学中のトッカリナ・アクマラルさん(36)一家が民族衣装に身を包み、華麗な舞を披露。加藤鮎子衆院議員はじめ多くの市民が鑑賞した。

加藤衆院議員(中央)を囲むアクマラルさん一家

関連記事

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

恐竜フェスタ にぎわう AR、VRで むかわ竜再現 記念撮影に長い列

むかわ町が恐竜を前面に出してまちをアピールするイベント「恐竜フェスタ」が4、5両日、同町道の駅「四季の館」をメイン会場に開かれた。AR(拡張現実)技術を使い、スマートフォンの画面で「カムイサウルス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク