全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒井家庄内入部400年を記念「智勇三略庄内出世汁」を発表

 来年の酒井家庄内入部400年を記念した「智勇三略(ちゆうさんりゃく)庄内出世汁」の発表会が19日、鶴岡市の荘内神社(石原純一宮司)で行われた。関係者約20人が集まり、江戸時代に縁起がいいといわれた魚「金頭(かながしら)」とエビを合わせたお吸い物を試食した。

荘内神社の石原宮司ら関係者が集まって試食

 「金頭」は庄内浜の沖合で捕れる白身魚。「だしが取れてうまい」と庄内では主にみそ汁にして食べられている。江戸時代には金頭の頭の部分が武士の鎧兜(よろいかぶと)に似ていることから、縁起のいい魚として祝いの席で食べられていたという。生涯無敗の酒井忠次公は、戦に向けた話し合いが緊迫すると自ら「海老すくい踊り」を披露して場を和ませた逸話も残されている。

 「庄内出世汁」は酒井家庄内入部400年を前に観光客にアピールしようと「金頭と海老」を素材に加茂水族館・魚匠ダイニング沖海月の須田剛史料理長が考案した。

 秋から翌年の初夏にかけて旬を迎える金頭にコンブと酒でしょうゆ仕立てのだしを取り、白ネギ、柚子、金粉をかけて仕上げた。サイドメニューとして雪若丸の新米で握ったおにぎりを添えた。

 発表会では、石原宮司が「無敗の酒井忠次公の知能と勇気、戦略を文字どって『智勇三略』と付けてみた。金頭は栄養価が高く、血流が良くなるともいわれている。地域の郷土料理として広まっていくことを期待したい」、須田料理長は「七五三や春のお祭りなどお祝いの場で食べてくれるようになったらうれしい。未利用魚といわれる金頭の消費拡大にもつなげたい」と話していた。

 加茂水族館の沖海月では来月1日から「庄内出世汁」を提供する。

金頭とエビで仕上げた庄内出世汁

関連記事

荘内日報社

新東北みやげコンテスト最優秀 岡ざきのレトルト「みさきの一軒家」 県内初受..

 東北の新しいお土産品の発掘を目指す「第8回新東北みやげコンテスト」の最優秀賞に、岡ざき(鶴岡市美咲町、岡崎雅也社長)のレトルト食品ブランド「みさきの一軒家」が選ばれた。 同コンテストで最優...

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

帯広南商業高校は全国特別賞 「来年は優勝を」 うまいもん甲子園

 高校生による地元食材を使った料理コンテスト「第10回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝大会が27日、都内で開かれた。帯広南商業高校クッキング部は優勝と準優勝(3チーム)は逃したが、特別賞を受...

荘内日報社

鶴岡の農家 シェフがコラボ クラフトコーラYATACOLA 食の鶴岡の“新色”..

 鶴岡市の農家とシェフらで共同開発したクラフトコーラ「YATA COLA」の一般販売が始まった。開発者は「有名なクラフトコーラに負けない味を作った。今後、食の鶴岡の新しい“色”として楽しんでもらえた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク