全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

地元の環境考える一杯 鶴岡 好評「ざりっ粉ラーメン」16日から

 鶴岡市大山の都沢湿地のアメリカザリガニを使った「ざりっ粉ラーメン」の試食会が10日、同市伊勢原町のラーメンダイニング「晴天の風」(加賀山欣也代表)で開かれた。市内の参加者から「誰でも食べやすく、おいしい」と好評で、16日から同店の限定メニューとして一般提供を始める。

多くの参加者がざりっ粉ラーメンを味わい、意見を交わした

 都沢湿地の保全活動の一環で外来生物の駆除に取り組んでいる市自然学習交流館ほとりあ(富樫均館長)が企画した。

 同館は2014年から、駆除したウシガエルやアメリカザリガニを市内の飲食店で料理として提供する事業を行っている。ざりっ粉はその一環で、ザリガニを粉末化したもの。「地元食材を使ったラーメンで環境保全に協力したい」という加賀山代表の思いから、昨年よりざりっ粉ラーメンの提供を始めた。

 昨年と同じく、豚骨風にまろやかに仕上げた塩ラーメン。ざりっ粉は丼でスープと絡めてエビのような風味を出し、見栄えのあるザリガニの素揚げを添えた。値段は850円。そのうち50円が環境保全金としてほとりあへ募金される。

 この日は、富樫館長や庄内自然博物園構想推進協議会の櫻井修治会長、駆除活動に協力している市内の大学生など16人が参加。ほとりあの上山剛司副館長が、アメリカザリガニが持ち込まれた背景や湿地での駆除状況について話した後、試食会が行われた。参加者からは「優しい味で食べやすい」と好評で、「素揚げを客の希望で増やせるようにしてほしい」「ざりっ粉を自由に追加できれば」などの意見も飛び交った。

 山形大農学部3年の渡邉隆寛さん(21)は「自分でざりっ粉を使った料理を作ったことがあるが難しい。このラーメンは臭みがなくとてもおいしかった」、加賀山代表は「コロナ禍で貴重な意見を直接聞けたし、にぎやかな雰囲気で活気があって楽しかった。誰でも食べやすいラーメンを目指したので、ぜひ食べてみてください」と話した。

16日から提供する限定メニュー「ざりっ粉ラーメン」

関連記事

荘内日報社

新東北みやげコンテスト最優秀 岡ざきのレトルト「みさきの一軒家」 県内初受..

 東北の新しいお土産品の発掘を目指す「第8回新東北みやげコンテスト」の最優秀賞に、岡ざき(鶴岡市美咲町、岡崎雅也社長)のレトルト食品ブランド「みさきの一軒家」が選ばれた。 同コンテストで最優...

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

帯広南商業高校は全国特別賞 「来年は優勝を」 うまいもん甲子園

 高校生による地元食材を使った料理コンテスト「第10回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝大会が27日、都内で開かれた。帯広南商業高校クッキング部は優勝と準優勝(3チーム)は逃したが、特別賞を受...

荘内日報社

鶴岡の農家 シェフがコラボ クラフトコーラYATACOLA 食の鶴岡の“新色”..

 鶴岡市の農家とシェフらで共同開発したクラフトコーラ「YATA COLA」の一般販売が始まった。開発者は「有名なクラフトコーラに負けない味を作った。今後、食の鶴岡の新しい“色”として楽しんでもらえた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク