全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

スペインから訪問団、姉妹都市提携の準備

久保田市長と記念写真に納まるマルコ市長(左から4人目)と訪問団メンバー(常盤公園のライブラリーで)

 スペイン・カステジョン市のアンパロ・マルコ市長ら6人の訪問団が山口県宇部市を訪れている。3日は常盤公園で久保田后子市長と語り合い、両市の交流が4年にわたって順調にいっていることから、姉妹都市提携に向けた動きを進めていくことを申し合わせた。一行は6日まで宇部に滞在する。宇部とカステジョン市は、互いの市を副市長が訪問し合うなどして交流を深めてきた。今回はマルコ市長と宇部興産の子会社のウベ・コーポレーション・ヨーロッパの社員らが2日に来市。4日午後からANAクラウンプラザホテル宇部で開催される市民向けスペインセミナーではマルコ市長が講師を務めるほか、同日の宇部まつり前夜祭、5日の本祭パレードに参加する。

 常盤公園内の視察を前に、両市の現状と今後の交流について、ときわミュージアムのライブラリーで話し合った。久保田市長は「2020年の東京オリンピックでは宇部がスペインのホストタウンになっており、市民も現地のことをもっとよく知りたいと思っている」、マルコ市長は「文化・芸術面での交流はうまくいっているので、今後は大学や研究所、製品や特産品など新たな分野で協力し合えるところを模索しましょう」と話した。カステジョン市は平地が多く自転車を使ったエコ通勤が盛んなこと、観光に力を入れようとしていること、パエリアはもともとは家庭にある野菜や家畜の肉で作れる質素な家庭料理から出発していることなどをマルコ市長が紹介。互いに両市初の女性市長であることから、女性の社会進出の課題や理想についても話が弾んだ。最後に、マルコ市長が姉妹都市提携の申し入れ書を久保田市長に手渡し、互いに議会に諮ることを申し合わせた。また、次は久保田市長がカステジョン市へ赴くことも検討していく。

関連記事

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク