全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

しほろ牛 肉まん発売 名称「お相撲」…食べ応え

道の駅で販売されている「しほろ牛お相撲肉まん」

 道の駅「ピア21しほろ」でカフェやショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は、士幌産のブランド牛「しほろ牛」を100%使った「しほろ牛お相撲肉まん」を開発し、3日に販売を始めた。同社は「じゃがいも大福に続くヒット商品になってくれれば」と期待している。

 しほろ牛を使った肉まんは以前から構想があり、4月の道の駅のオープンに向けて試作を重ねてきた。しかし、具を生地で包む工程(包あん)がうまくいかず、一度は挫折した経緯がある。そこで、包あんは滝川市の業者に委託し、これまで同社が試行錯誤してきたオリジナルレシピを基に再現した。

 道の駅ではしほろ牛を1頭買いし、ステーキやハンバーグ、牛丼などに使っているが、多くの部位を余すことなく有効に使おうと肉まんとして商品化することにした。

 肉まんといえば一般的には豚肉が使用されるため、牛肉を使ったものは珍しい。豚肉に比べて食感もあり、食べ応えがあるという。肉汁があふれるほどジューシーだが、しほろ牛はホルスタインのため脂っこくはない。

 肉まんには牛肉の他にタケノコや干しエビ、シイタケ、昆布なども使われているため、うま味成分も凝縮されている。

 商品名は同社のスタッフから複数の案を公募し、かわいらしく「お相撲さん」の響きから、ボリュームを感じられることから決まった。

 7月から販売しているじゃがいも大福は人気商品となり、9月にはポテトチップスを抑え、月間売り上げ第1位に躍り出た。肉まんも道の駅の顔となる商品として期待が高まっている。

 1個(150グラム)400円で販売。冬期間には購入者に温かいお茶をサービスすることも検討している。堀田社長は「熱々の肉まんを食べてもらい、道の駅がゆっくり過ごす滞在型の施設になれば」と期待している。

関連記事

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

個性豊かな凧、大空へ 3年ぶり、全国から愛好家や市民集う 石垣島凧あげ交流..

 2022年第20回石垣島凧あげ交流会第10回全国シャクシメー大会(石垣島凧あげ大会実行委員会主催)が26日、南ぬ浜町人工ビーチで開催された。全国からの愛好家や地元の子どもたちら約150人が参加し、夏至南風...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク