全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ゆかりある方ぜひ交流を 苫小牧山形県人会が創立80周年

地元産のかさとみのを羽織り、参加をアピールする小野さん

 苫小牧山形県人会(小野三蔵会長)は今年、創立80周年を迎えた。節目を記念し、12月2日午後5時半から、苫小牧市表町のホテルウィングインターナショナル苫小牧で祝賀会を開く。山形民謡ショーなど記念イベントを企画しており、「会員以外でも山形県にゆかりがある人に参加してほしい」と呼び掛けている。

 同会は、阿部商事(柳町)の前身、阿部喜助商店の初代阿部喜助さんが1937年に発足。市内の県人会の中でも古い歴史を持つ。当時、会員の多くは山形県出身の王子製紙従業員だった。一時期、役員の高齢化などで活動が停滞していたものの、新しい役員体制で93年から再び活発になり、創立60周年の97年の会員数は133人に上った。

 今年8月の第62回とまこまい港まつりでは「山形県人花笠音頭」という団体名で市民おどりに出場。参加10回記念特別賞を受賞した。緑ケ丘公園の金太郎池で行う芋煮会は毎年の恒例行事となっている。

 現在の会員数87人で、今年度から会長に就いた小野さん(87)は、30年に山形県及位村=のぞきむら=(現真室川町)生まれ。9歳の時に一家で苫小牧に移住し、父は錦岡の開拓に携わった。小野さんは苫小牧市役所で働き、90年の定年退職以降、入会して幹事長を務めてきた。

 祝賀会では、山形県観光物産協会の職員2人が、山形の近況や観光スポットを山形弁でユーモアたっぷりに紹介。苫小牧出身の歌手立花美樹さんが山形民謡ショーを行う。山形名物の芋煮が振る舞われるほか、山形産の記念品も参加者全員に用意する。

 山形県観光物産協会北海道支部(札幌市)によると、道内の山形県人会は札幌、恵庭、千歳など17団体で合計会員数は1075人。苫小牧市内に県人会は東北6県に加え、新潟や富山などがある。小野さんは「実直で辛抱強い山形県民が集い、ふるさとを懐かしみ、同郷の絆を深める良い機会。ぜひ100周年を迎えられるよう、80周年を弾みに会の灯を守りたい」とアピールする。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク