全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ストリートピアノが苫小牧初お目見え MEGAドン苫小牧店で7日から開放

誰でも自由に弾くことができる「ストリートピアノ」が7日、苫小牧市木場町の商業施設MEGAドン・キホーテ苫小牧店2階ホールにお目見えする。市民団体のとまこまいふれあい広場推進委員会(北春夫委員長)による取り組みで、ストリートピアノの設置では市内初という。

「まちなかふれあいピアノ」開放に向けた準備をする関係者

 ストリートピアノは商業施設や駅、空港といった公共の場に設置され、訪れた人が自由に演奏できるピアノの総称。音楽を通じた人と人の心の触れ合いを目的に近年、世界各地に置かれている。

 推進委は、市民に障害や福祉への理解を深めてもらうイベント「とまこまいふれあい広場」を毎年開催してきたが、新型コロナウイルスの影響で昨年、今年と2年連続で中止。音楽発表や雑貨販売、ボランティア体験などを盛り込んだ同イベントの代替事業としてストリートピアノ設置が企画された。

 推進委のメンバーを通じ、市民から家庭で不要になったアップライトピアノが寄贈され、同店の全面協力で実現した。

 10月28日、寄贈元の市民の自宅から、同店2階ホールにピアノを移動。7日からの開放に向けて現在、調律などの準備を進めている。

 同委員会は「まちなかふれあいピアノ」と命名し、北委員長は「音楽好きな人たちが触れ合う場になれば」と期待。矢嶋翼顧問は「皆さんに積極的に使ってもらうことで、音楽あふれるまちづくりにもつながれば」と話す。

関連記事

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

恐竜フェスタ にぎわう AR、VRで むかわ竜再現 記念撮影に長い列

むかわ町が恐竜を前面に出してまちをアピールするイベント「恐竜フェスタ」が4、5両日、同町道の駅「四季の館」をメイン会場に開かれた。AR(拡張現実)技術を使い、スマートフォンの画面で「カムイサウルス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク