全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

“リアビズ”に挑戦(庄総高生)仕入れから商品製作、販売体験 模擬企業グランプリ 「売れ行き良くうれしい」

 庄内町の庄内総合高校(池田理校長、生徒193人)の2年生メンバーが「リアビズ高校生模擬企業グランプリ」(認定NPO法人金融知力普及協会主催)に挑戦している。高校生が企業運営のノウハウを学ぶもので、24日午後には、三川町のイオン三川店で模擬店を出店。生徒たちは「売れ行きが良くてうれしい」などビジネスの手応えを感じている。

模擬店で接客する庄総高の生徒=24日、イオン三川店

 リアビズは、「リアルなビジネス」テーマに、高校生が模擬企業を立ち上げ、実際に資金を使いながら仕入れや商品製作、経理などを体験するもので今年で2回目。

 同校では現代社会を学習する中で、「環境やエネルギー」に興味を持った2年生10人でリアビズ挑戦を決めた。企業名は「くりーんあーす どるふぃんず」。地球環境を綺麗にしたいという思いと、思案中庄内浜にイルカが来ていたことから命名した。

 販売する商品はコットン製エコバッグ、手作りせっけん、キーホルダー型アクセサリー、クラゲ柄のミニタオルの詰め合わせ。エコバッグは地元企業、ミニタオルは加茂水族館からそれぞれ仕入れた。アクセサリーはクラフト作家に製作協力を依頼、せっけんには地元の生花店から規格外品を提供してもらい取り入れるなど生徒と福祉施設で手作りした。価格は2800円と2400円(せっけんなし)の2種類。

 今年7月に行われたビジネスプランなどを審査する1次審査には全国から49校の応募があり、同校含め10校が通過した。県内では同校が唯一。運営資金として30万円の融資を受けた。

 この日、イオン三川店ATMコーナー近くに出店した模擬店では生徒たちが接客しながら午後2時から1時間ほど販売。当初10セットの販売予定だったが、15セットを売り上げ、予約も入るなど盛況だった。社長役の片桐未夢さん(17)は「自分たちが思っていたよりも売れ行きが良くてうれしかった。あらためてお金の流れなども知ることができ、勉強になった」と話していた。

クラッセで模擬店 ネット販売も開設

 同校では来月3日(水・祝)午後1時から庄内町の町新産業創造館クラッセでも模擬店を開く。また、同1―30日にはネットショップを開設し、販売への理解を深める。最終審査は12月に行われ、決算書類の提出、書類の完成度や利益率、マーケティング方法などが評価され、優勝校が決定する。

関連記事

「日本画壇の風雲児」中村正義の画業たどる 生誕100年、豊橋で展示会

 豊橋市向山大池町の「ギャラリーサンセリテ」で企画展「生誕100年 中村正義展―豊橋の正義さん」が開かれている。「日本画壇の風雲児」と呼ばれた作家の画業を豊橋ならではの展示で紹介している。26日まで。...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

長野日報社

災害への備え再確認 防災拠点巡るウオーキング JOCA駒ケ根

 JOCA(青年海外協力協会、本部・長野県駒ケ根市)駒ケ根は11日、同市中心部の防災拠点などを巡って、能登半島地震被災地にエールを送るウオーキングイベント「ゴッチャ!ウオーク」を開いた。子どもか...

長野日報社

防災への意識高めて あすウオーキングイベント JOCA駒ケ根

 能登半島地震で被災した住民らを応援するイベント「ゴッチャラリー2024」(生涯活躍のまち推進協議会主催)が11日まで、JOCA(本部・長野県駒ケ根市、青年海外協力協会)の拠点を中心に全国各地で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク