全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

勇壮な棒踊りを奉納  荒木集落で2年ぶり披露  喜界町

勇壮な踊りを披露した棒踊り団=24日、鹿児島県喜界町荒木

 鹿児島県喜界町(喜界島)の荒木集落(益田清区長、217世帯)で24日、九月十九日祭りがあった。2年ぶりに伝統の棒踊りや八月踊りが奉納され、住民たちが集落の豊作と安全を祈願した。

 益田区長によると、九月十九日祭りは荒木集落で最も盛り上がる伝統行事。昨年は新型コロナウイルスの影響で神事のみ執り行ったが、住民から「祭りがないと寂しい」との声が上がり、町内の新型コロナ感染も落ち着いてきていることから、今年は感染防止対策を行い開催した。

 会場の荒木ムタグラウンドには、正装した住民や出身者らが集まった。午後3時、青壮年団でつくる「荒木棒踊り団」が入場。歌に合わせて「エイエイ」と掛け声をかけながら棒を激しく打ち合う棒踊りを奉納し、観客を魅了した。この後、参加者は八月踊りの大きな輪をつくって親睦を深め、最後は六調で締めくくった。

 棒踊り団代表の久保秀敏さん(57)は「荒木の伝統をつないでいこうと活動している。今年は踊りを奉納できてほっとしている」と語り仲間や周囲の人々に感謝していた。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク