全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

坂本養川の偉業知って 「堰マップ」が完成 長野県諏訪地方

完成発表会で「坂本養川堰マップ」を手にする「研究会」メンバーや来賓=茅野市八ケ岳総合博物館

 江戸時代の長野県諏訪地方の八ケ岳山麓を中心に農業用水路「堰」を開削した坂本養川(1736~1809年)の偉業を伝える「坂本養川堰マップ」が完成した。26日、発行した坂本養川堰「坂本養川堰マップ」(会長・小泉良文諏訪市公民館長)が発表した。小学4年生の教材や、地元で開く講座や見学会などで活用するほか、解説員の育成に役立てる。

 A1サイズ(A4サイズ8ページの折り畳み式)で両面カラー。1万部作った。

 地図面は諏訪、茅野、富士見、原の4市町村の養川堰を網羅。広範囲にわたる15本の堰の場所と堰名を記し、一目で全てが分かるよう工夫した。解説面では、養川堰の特徴とされる、堰の途中で自然の川の水を加えて水不足地帯に送る「繰り越し堰」の仕組みを説明。堰の写真やイラストなどを入れ見やすくした。

 養川堰と養川は2002~15年に、小学4年生の社会科教科書に掲載されたが現在はなく、小学生から高齢者まで幅広い地域住民に、養川の偉業を学べるように―と県の地域発元気づくり支援金を得て作成した。

 茅野市八ケ岳総合博物館で発表した小泉会長は「このマップは子どもから大人まで先人の偉業に触れることができる。(偉業が)過去、現在、未来に受け継がれていくことを願う」と語った。

 研究会は諏訪市、茅野市中央、富士見町、原村中央の4公民館職員を会員として発足。マップはこの4公民館で扱い、希望すればもらえる。

 ■坂本養川  1736(享保21)年諏訪郡田沢村(現茅野市宮川田沢)生まれ。幼名太郎、成人して市之丞。74(安永3)年諏訪地方のかんがい調査を始め、75年堰の開削願書を諏訪高島藩に提出。二の丸家老諏訪家と三の丸家老千野家の権力争いのさなか、なかなか採用されず、83(天明3)年まで8年間に6回願書を提出。着工したのは85(同5)年だった。堰の開削で米の収穫量は増加。開削した15本の堰は現在も使われているという。1809(文化6)年に没した。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク