全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

学校創立120周年 庄農伝統の味リメーク! 乳酸飲料「ニューピス」 女生徒2人が試行錯誤し完成

 鶴岡市の庄内農業高校(加藤千恵校長、生徒149人)の女子生徒が、58年前から同校で作り続けている乳酸飲料「ニューピス」をリメークした。今月29日に行われる学校創立120周年の記念式典で「庄農伝統の乳酸飲料」を来賓に進呈する。

庄農伝統の乳酸飲料をリメークした押井さん(左)と白畑さん

 「ニューピス」の加工実習は、1963(昭和38)年、庄農に赴任した斎藤実教諭(庄内町在住)が、生徒たちに生産・加工・販売を一貫して学ばせるために取り入れた。当時は校内で乳牛を飼育。牛の乳を乳酸飲料に仕上げて学校祭などで販売したという。

 昨年の3年生4人が「ニューピスはどのように誕生したのか」を課題に歴史的な背景を調べた。それを引き継いだのが食品科学科3年生の押井穂果(ほのか)さんと白畑愛羅(あいら)さん。「アレンジしたニューピスを作ろう」と今年4月から加工を始めた。原料は脱脂粉乳、砂糖、乳酸、香料を使用。水に脱脂粉乳を溶かし、熱しながら殺菌するという作業を行った。

 「山形で栽培されているフルーツの味にリニューアルしたニューピスにするのを一つのテーマにした」(2人)とラ・フランスやデラウエアなど6種類の香料を用意。さまざまな香料の種類を組み合わせたり、分量を変える作業を繰り返した。みんなから喜ばれる味にするため、試飲会とアンケートを取って率直な感想も求めた。

 右往左往する中でようやく先月に入りマスカットとサクランボを香料にすることを決め、分量を調整。アンケートの中にあった「すっきりとした味わい」に近づけた。

 押井さんは「頭の中で『ああでもない、こうでもない』とフレーバー(香料)の組み合わせと分量の調整が難しかった。何とか式典前に間に合って良かった」、白畑さんは「父親にも試飲してもらって感想を聞いたりした。出来栄えはまずまず」と笑顔をみせた。

 「新ニューピス」は現在、220本(1本850ミリリットル・6カ月間保存可能)を作り大型の冷蔵庫に保存。記念式典で来賓と全校生徒に記念品として渡す。残った本数にもよるが藤島地域の産直施設「たわらや」で販売することも検討している。

関連記事

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

帯広南商業高校は全国特別賞 「来年は優勝を」 うまいもん甲子園

 高校生による地元食材を使った料理コンテスト「第10回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝大会が27日、都内で開かれた。帯広南商業高校クッキング部は優勝と準優勝(3チーム)は逃したが、特別賞を受...

荘内日報社

鶴岡の農家 シェフがコラボ クラフトコーラYATACOLA 食の鶴岡の“新色”..

 鶴岡市の農家とシェフらで共同開発したクラフトコーラ「YATA COLA」の一般販売が始まった。開発者は「有名なクラフトコーラに負けない味を作った。今後、食の鶴岡の新しい“色”として楽しんでもらえた...

「清舞」で濃厚ブドウジュース 新得・共働学舎が新発売

 共働学舎新得農場(町新得9、宮嶋望代表)は25日、十勝ワインの原料にもなっている品種「清舞」のブドウのジュースを発売した。ブドウは同農場が無農薬・無肥料で栽培、圧搾せず自然にしたたる果汁を瓶詰め...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク