全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

育てたホタルの幼虫を放流 山陽小野田市

ホタルの幼虫を川に放す児童たち(有帆運動広場で)

 山陽小野田市の有帆ふるさとづくり協議会ホタル部会(三井諦部会長)は25日、有帆小の3年生12人と共に有帆運動広場内のホタル川にゲンジボタルの幼虫250匹を放した。部会員と児童が育ててきたもので、来夏の光の乱舞に期待を込めた。     ホタルが舞う美しい古里を後世に残そうと、1990年に地下水をくみ上げた人工清流のホタル川を整備し、同校との連携による幼虫の飼育を始めた。今夏はふ化した4000匹のうち、2000匹が元気に育ったという。     児童たちは総合的な学習の一環として、7月上旬のふ化から昼の休み時間などを利用して世話を続けてきた。ホタルの種類や生息環境の違い、成長過程などについても学び、放流がかわいがってきた幼虫とのお別れのイベントとなった。     三井部会長らの指導を受けながら餌となるカワニナと一緒にゆっくりと放した。森本拓海君は「世話では餌をあげる時に気を付けていた。寂しいけど、成長してきれいに飛んでほしい」と期待を込め、堀瑠希人君も「いっぱい飛び回ってほしい」と来夏に胸を膨らませた。     残りの幼虫は今月中に校区内の柳川と鬼ケ迫に各750匹、宇部市万倉に200匹を放流。来年の有帆ホタルまつりは6月11日に同広場で開催する予定。

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク