全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ことしの豊穣に感謝 7年ぶり、いしゃなぎら結願祭 石垣字会

結願祭でしか登場した弥勒。村の繁栄を願う=24日、字石垣

 石垣字会(森永用朗会長)のいしゃなぎら結願祭が24日、宮鳥御嶽で7年ぶりに行われ、ことしの豊穣に感謝し字民の無病息災を祈願した。6年おきに行われているが、昨年は新型コロナウイルスの影響で延期となっていた。

 午前は拝殿で神司による祈願が行われた後、結願祭にしか登場しない傘の形をした「みょうら旗頭」が奉納された。同旗頭は1915(大正4)年に披露された後、途絶えていたが、7年前の2014年結願祭で復活したもの。「光」、「松竹梅」、「若鷲」とともに拝殿前に設置された。

石垣独特の「キヤリィヌザイ」の奉納=24日、字石垣

 字会役員や出演者らが拝殿前で拝礼。森永会長は「結願祭は宮鳥御嶽の神に五穀豊穣を感謝し、併せて字民の無病息災を心から願うもの。三世代そろう家庭から弥勒神のお出ましがある。どうか子孫繁栄、健康第一にカリー(嘉例)をつけて下さい」とあいさつ。イビ前で弥勒の練り歩きが行われた。

 この後、みょうら旗頭を先頭に太鼓隊、弥勒、袖持ち、五穀かご持ち、三線隊、役員、婦人会などが続き、反時計回りに石垣小学校周辺を歩き、住民の繁栄を願った。

 午後からは拝殿での奉納芸能、舞台での奉納舞踊が次々と行われた。

関連記事

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

撮影風景や衣装を間近に 映画「馬橇の花嫁」帯広競馬場で展示

 幕別町出身の映像作家逢坂芳郎さん(43)が脚本・監督を務め、昭和30年代の十勝の農村を舞台とした短編映画「馬橇(そり)の花嫁」の公開に先立ち、特別パネル展が帯広競馬場で開かれている。場面写真...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク